2015年05月02日

2015.05.01 音太小屋「ネタカフェ」レポ

IMG_7573.JPG

※THE CHERRY COKE$ Tのバックは
「そばに居ると誓う、酔いが覚めても」の英詩

2週間ぶりにおなじみ

「天六 音太小屋(ねたごや)」

1階で毎週金曜に行われている

オープンマイク「ネタカエ」

に行ってきました。

G.Wに入る事もあり、人が少なめでしたが、

初めて来た女性シンガーが来てくれたりして楽しかったですわーい(嬉しい顔)

IMG_7575.JPG

IMG_7578.JPG

セットリスト

01.心拍数
02.月明かりに照らされて
03.One more time, One more chance

01.ロボット
02.さすらい

01.スローバラード
02.愛ノ花

今回は

「山崎まさよし」
「奥田民生」


そして、5/2が命日のため

「RCサクセション」

をやりました。

※愛ノ花はオリジナルです。

IMG_7596.JPG

今回は事前にTwitterで初めてリクエストをしてみた結果を踏まえた
カバーをしてしてみました。

まぁ〜こういうのも面白いですね手(チョキ)

またやりたいと思います黒ハート

自分の出演以外でも、ハーモニカでAYANOさんのサポートをしたりしました。

やっぱ「ハーモニカ吹き」の人口比率が意外にも低いので
どうやら重宝されるみたいです わーい(嬉しい顔)

って事で時間は

5/22(金)

に参加予定です。

良い夜でした。また遊ぼうぜ!!

IMG_7598.JPG

※今回は「THE CHERRY COKE$(チェリコ)T」にちなんで敬礼ポースでの集合写真です。
posted by Chu-ta at 16:21| 大阪 ☀| Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

2015.04.17 音太小屋「ネタカフェ」レポ

IMG_7528.JPG

昨夜は、僕の「ホーム」である

音太小屋(ねたごや)

一階で毎週行われている
オープンマイク・ライブ

「ネタカフェ」に参加してきました。

http://www.eonet.ne.jp/~netagoya/

昨日は、いつもより沢山「歌うたい」が集まったので
「ギター」「ハーモニカ」サポートでセッションしました手(チョキ)

IMG_7514.JPG

ドリーさん

IMG_7519.JPG

AYANOさん

IMG_7522.JPG

京子さん

もちろん、歌ってます。

IMG_7527.JPG

それぞれの持ち味に合わせてできる限り、サポートしましたが、
「マダマダだなぁ〜ふらふら」って感じる瞬間が多かったです。

でも、やっぱ「音で会話する」時間が一番
自分にとって「居心地が良い時間」なんだと痛感しましたるんるん

僕の音楽と共に生きる上で大切な活動の一つに

「セッション」

は非常に学ぶ事が多い大切な時間です。

もちろん、「ライブ」という「自分の世界」を
お客さんと共に描く空間は、最終的に一番大事な場所ですが

そこにいたる過程や、そこを目指すには
必ず「セッション」を行う事が大切だと僕は思っています

やっぱ、人と音で会話していると楽しいし勉強になることが多いです。

それは言葉で上手く伝えられないけど、多分

「間(ま)」の勉強

でもね、セッションをする時にできれば

「歌い手」も「ギターリスト」も

互いの音を聞いてほしいね

「歌い手」がギターを聞かずに歌うとそれはただの「カラオケ感覚」で
あって「セッション」特有の「科学反応」は起きない。

「歌い手」が好きに歌いたいなら

「自分でギター弾いて自分で歌う」

事をおすすめする。(つまり誰とも一緒に演奏しないソロ演奏)

そういう人と音を合わせると途中で飽きちゃうんだよなぁ〜
っていうか「つまんない」

それは多分聞いている人もそうだと思うし

後ちゃんと「セッション」できない人の歌は
きっと、「成長しない」と僕は感じるし、
最終的に「セッション出来ない人」はライブもできない。

ライブは「お客さん」との最高のセッションだからね!


「自己満足だけ」の人と
「自己満足だけでやっているのに音が外に向く」人って

同じ「自己満足」で音楽をしている人だけど
その音楽を聞いている人には確実に伝わる。

自分の音楽を自分で判断する事は出来ないければ

僕はこれから、"キミ"と音楽を作っていきたいと思うよ

また遊ぼうね!

IMG_7530.JPG

STAT METAL!

※今回ホルモンTを着ているので全員で「ホルモンポーズ」してもらいました

追伸:
昨日初めてネタカフェのユーストと自分のTwitterアカウントを連動させて
実況ツイをしたら、いつもの5倍位の人にユースト見てもらえました!あんがと!

posted by Chu-ta at 07:34| 大阪 ☀| Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

2015.04.11「ヘドバントークイベ」+「BABYMETALメイト会」

hedobanjpg.jpg

やっと会えたんだ。

僕とBABYMETALを結んでくれた雑誌

「ヘドバン」

たまたま創刊号が発売された時、本屋さんで見つけた
雑誌(ムック本) 「ヘドバン」

何も知らずにパラパラ立ち読みしていたら
面白そうだったので、その場で購入。

家に帰ってしっかり読んだ後に紙面の4/1を埋めていた
「BABYMETAL」に興味が湧き、YouTubeで見た

「ヘドバンギャー!! 」のMVで一気に持っていかれた



それ以来、次号や別冊が出るたびに欠かさず購入している。

IMG_7488.JPG

その元凶を作った張本人である

「ヘドバン編集部」の

編集長である

梅沢直幸さん

ライターの
倉田真琴さん
阿刀“DA”大志さん


そして特別相談役である"あの"
増田勇一 さん

が、東京で何度か行っていた「トークイベント」を

この大阪で開催してくれる事になり、昨日行ってまいりましたパンチ

『ヘドバン』トークイベント〜燃える熱いオーサカ・メタルハート編
in大阪ロフトプラスワンウエスト


内容はオフレコなので、まったく書きませんが、

自分がイメージしていた通り、梅沢さんは「熱い人」で
「ヘドバン」という本に込めた想いを熱く語ってくれ
その思いが会場全体に行き渡り、ほんとに「Live」さながらに
熱気に包まれた素晴らしいイベントでした手(チョキ)

もちろん主にBABYMETALのライブレポなどを担当している
倉田さんや、英語がペラペーラの阿刀さん

そしてメタルの生き証人ともいえる
増田さんの貴重なお話も聞けて充実した時間を過ごしました。

ライブ終演後は、BABYMETAL好きの俗にいう「メイトさん」達と
「メイト会(オフ会)」に参加してきました。

初めてオフ会なるものに参加してきたわけですが

これが・・・・

思っている以上に楽しかったんですわーい(嬉しい顔)

まぁ〜当たり前といえば、当たり前ですが

「音楽好き」な人
「楽器好き」な人
「BABYMETALだけが好き」な人
「アイドルが好き」な人
「メタルが好き」な人

と色んな人がいて、それぞれがそれぞれの

「BABYMETALに対する想い」を持ち

その音楽に対する景色を見ているだなぁ〜と感じました。

色んな人と色んな話をして(まぁ〜僕は音楽サイドからしか話せないけど)

充実した時間を過ごす事でできました。


「アイドルとメタルの融合」

もう聞き飽きたフレーズではありますが

この日本でしか作りえれなかった「新しいジャンル」が

今まさに時を経て、花を咲かせようとしている

「X(エックス)」がデビューし、毎年東京ドームのカウントダウンを
やれるような、モンスターバンドになったように



リアルタイムで僕を含む、世界中の人たちが体感しようとしている。

まだ、間に合う!

乗り遅れるなよ!


そんな、素晴らしい事を深く考えされた一日でした。

次は

2015.06.21

場所は

「幕張メッセ展示ホール 1番〜3番」
オールモッシュピットでの開催!

さぁ〜どうなるexclamation&question

楽しみだ




posted by Chu-ta at 09:19| 大阪 | Comment(0) | BABYMETAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

2015.03.30 音太小屋10周年+哲さんレコ発ライブ レポ

IMG_7456.JPG

2008年2月15日(金)

僕が初めて、天神橋六丁目にある

「音太小屋(ねたごや)」

に足を運んだ日である。

今でもその時の記事は残っている

「天六/音太小屋(ねたごや)」
http://chuta-blues-blog.seesaa.net/article/84255713.html

東京に上京して12年間「自分の音楽」と向かい合った

その時,最終的に自分が出した答えが「大阪」だったるんるん

そして、その自分が求めている「大阪」に出会えた場所が「音太小屋」だった。

上の記事でも書いているけど、音太小屋で歌った時に本当に

「あぁ〜音楽に帰ってきた」

と思える景色に出会えたわーい(嬉しい顔)

これを感じるために大阪に戻ってきたんだよ!と
東京で切磋琢磨した仲間たちに伝えたいと思えた。

あれから7年

何度か音楽から離れたりお休みしたるすることはあったけど

僕は音太小屋と共に自分の音楽を紡いでいる

そんな
「音太小屋10周年」

そしてオーナである

IMG_7413.JPG

「哲(天満の哲さん/レコ発(10枚組)パーティ」


昨日3/29(日)盛大に行われたました。

哲さんがソロ活動以外で行っている
数々のユニットでの演奏

IMG_7411.JPG

IMG_7420.JPG

IMG_7469.JPG

あり

IMG_7444.JPG

「バリ舞踊」


あり

もちろん僕と哲さんのユニット

「Chu-哲」

での演奏

IMG_7425.JPG

IMG_7424.JPG

僕のソロでのライブ

IMG_7442.JPG

そして、そして

数年前に音太小屋で一緒に演奏していた

「ヴィダル カナ」

が遊びに来ていたので、捕まえて一曲演奏しました

IMG_7433.JPG

2009年以来歌を歌っていないと言っていたけど

どうして、どうして・・・

僕が思う「歌うまいランキング」上位に食い込む天賦の才能で

なんなくドリカムの「何度でも」を歌ってました。

また、機会があれば是非ユニットをやりたい素晴らしい歌声でした。

ライブ終演後は、常連の「前川さん」と「哲さん」の

「生前葬」というシュールな絵図で終了

IMG_7472.JPG

音太小屋の10年がギッシリ詰まった素晴らしいライブでした!

これからも、僕の「ホーム」として、音太小屋と共に行き続けようと思いました

では!

IMG_7454.JPG

STAY METAL!

posted by Chu-ta at 20:05| 大阪 | Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月28日

2015.03.27 音太小屋「ネタカフェ」レポ

昨日は毎度おなじみ

天六「音太小屋」

1階で毎週金曜に開催されている

オープンマイク「ネタカフェ」

に参加してきましたパンチ

久しぶりに我が愛器

「Gibson J-50(60's)」
「L.R.Baggs M1」+「ART Tube MP」


IMG_7381.JPG

にて演奏しました手(チョキ)

まず最初に思ったのが

最近メッキリ「Yairi RF」(Martin OMタイプ)ばっかりしか
弾いていないので、J-50みたいなドレッドタイプのギターは

「デカイ!」ふらふら

僕は「チビ助」だけに、ジャンボボディのギターは
レコーディングだと問題ないんですが、いざライブだと
扱いずらいです・・・もうやだ〜(悲しい顔)

後、昨日はプリの「Tube MP」の状態がすこぶる悪く
弾いてたら「音が歪む」現象が発生がく〜(落胆した顔)

と、いうか真空管が不安定だと思うんやけど
ゲイン(音量)が安定していなくて、弾いてると途中から
ゲインが上がって音が歪んでしまって、なんだかでした・・・

昨日は、明日(29日)に音太小屋2階で開催される

「哲(天満の哲)さん」

「レコ発ライブ」に僕も参加(レコーディングにも参加)するため

久しぶりに「哲+Chu-ta」でリハも兼ねて、やりました!!

IMG_7382.JPG

IMG_7383.JPG

哲さんは「独特のリズム感」なので、なるべく哲さんに寄せた弾き方を
しつつ、僕のリズムと合わせた科学反応を楽しみました。

明日も楽しみだぁわーい(嬉しい顔)

もちろん、ホストの「kafuさん」の演奏や
僕のソロでの演奏もやりつつ、非常に「ゆる〜い空気」の一日でした。

IMG_7390.JPG

IMG_7397.JPG

これはこれで嫌いではないので楽しかった。

後、昨日はkafuさんが、持ち込んだエフェクター

「ZOOM A2」

ZOOM A2.jpg

をいじくりまわしましたが

相変わらずの「ZOOM」だなぁ〜というか
色々入れ過ぎて、ちょっといじるのに時間がかかりすぎるのと

結局、ほとんどの機能は使わなくなるという
あまりオススメできない代物でした。

kafuさんは、僕は今メインで使っている

「Fishman AURA SPECTRUM DI」

を気に入ってたので

また、次回ネタカフェで使ってもらおうと思います!

では、また明日、良かったら哲さんのライブで逢いましょう!

いろんな人が哲さんと絡むので面白いと思うよ!

STAY METAL!

IMG_7399.JPG

【ライブ情報】

日時:3/29(日)天神橋六丁目「音太小屋(ねたごや)」
開演:14-20時
料金:1000円
出演:哲ちゃんと色々(俺も出るよ)
http://www.eonet.ne.jp/~netagoya/



posted by Chu-ta at 09:03| 大阪 ☁| Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

2015.03.24 「難波屋ライブ」レポ

IMG_7329.JPG

昨年から2年ぶりにオープンマイクの日に限ってだが
現場に復帰して、毎週のように歌を歌っているわけですが、

いざライブとなると、まったくやっていないわけで
そんなこんなで、昨夜は

「西成難波屋」

で約2年ぶりにライブでしたるんるん

「オープンマイク(飛び入り)」と「ブッキングライブ」は気持ちの置き方が180度違う。

「オープンマイク」の場合は「対お客」とはならず
基本的に来ている人全員が「演者」となるので、ほぼ「公開リハ」や
「セッションの場」として僕は使っている。

だけど「ライブ(ブッキングライブ)」は違う
僕(演者)とお客さんでその一瞬でしか描けない「景色」を描く
それが僕にとって「ライブ」である。

そしてライブの主役はいつだって

「お客さん(キミ)」

である


では、レポへ

トップバッターを飾ったのは
「サラリーマンシンガー」

「ムラマツ」

IMG_7324.JPG

愛器は

「YAMAHA FG-140 (70'S)」
と渋いチョイス

IMG_7373.JPG

「サラリーマンネタ」満載のユーモアとシニカルを融合した日常を
切り取った、素敵なステージでしたわーい(嬉しい顔)

基本ロックンロールとソウルをルーツにした感じがトップに相応しいライブでした。

で、2番目は僕

「Chu-ta(チュータ)」

IMG_7327.JPG

IMG_7328.JPG

愛器は、もちろん

「K.Yairi RF-90RB」

IMG_7369.JPG

【セットリスト】

@西新宿の親父の唄
活動復帰後から歌っている長渕のカバーで幕開け
難波屋では、こういう曲が合うんじゃないかと思いチョイスしました

ALike a MOON
東京で最初に結成した「Real Folk Blues」時代に作成し
その後、ソロ、SOULtoneでも演奏している曲
活動再開後からは、オリジナルのアレンジより
バックビートとハーモニカを強調したアレンジにしています

Bkinou,kyou,ashita
大阪に帰ってきてからのソロ時代に作成した現時点では最新曲に近い歌
8ビートのロックに乗せて、一気にトップギアまで上げていきます

Cいつもの店
東京より弾き語りで演奏する「ライブハウス」が少ない大阪
その分演奏させてもらうのが「ライブバー」などの「飲食と一体化したハコ」が多い
それだけにこの「いつもの店」で描かれる「店主と常連」との絆が深く響きます

D愛ノ花
ラストはもちろん「愛ノ花」大阪に帰ってきてからというもの
僕の「代表曲」となっています。

歌を歌うようになって
ライブをやるようになって
お客さんと自分との絆を感じるようになって

やっと描けた、理想的な曲

サビの「愛を歌おうるんるん」で、お客さんと共にシンガロングする際に
描かれる景色は、どんな場所でやっても最高に美しい風景なんです黒ハート

3番目に登場は

「くろべ」

IMG_7346.JPG

愛器は

「Guild (70's)」

IMG_7372.JPG

センチメンタルでちょっとシティーポップを感じる歌で
会場を「暖かい空気」にしてくれました。

途中でハーモニカで飛び入り参加して、くらべさんも喜んでもらいました

やっぱり、ハーモニカ(10hole)って便利な楽器だなぁ〜と痛感

そして、ラスト(トリ)は、もちろん

「哲さん(天満の哲)」

IMG_7363.JPG

IMG_7367.JPG

愛器は僕もレンタルしたことがある

「Martin HD-28」

IMG_7368.JPG

今回全員が意外に「巻き」で演奏したので
難波屋の演奏規制時間(19-21)までかなり時間が余ったので
アンコールを含めて、たっぷり演奏してくれましたるんるん

やっぱり哲さんの描く歌は「唯一無二」で素晴らしい。

ちょっと「辛口」で
ちょっと「優しく」て
ちょっと「日常」で
ちょっと「非日常」で

こんな風に歳を重ねれてたらと思わせてくれる素晴らしいと思うシンガーです

29日は、音太小屋で開催される「レコ発ライブ」に
急遽、僕も参加するよexclamation

以上!

難波屋は他のハコにはない独特の雰囲気で
やっぱり良いですね。

今回難を言えば、モニター(コロガシ)が
マイクの前になったためハウリングが起きやすい状態になり
「6弦」がどうしてもならせない状態だったので
ギターを弾くのに神経を使ってしまった事位です

次のライブからはモニターをサイドに移動してもらうようにしてもらいます。

やっぱ、普段参加しているオープンマイクとブッキングライブは
心意気も気合も緊張も全然違うため、全力でお客さんとぶつかりました。

そこで僕から見える景色は、キミが作ってくれた素晴らしい景色であり
僕だけが独占できる、素敵な風景なんです。

この景色を描いてくれるお客さんに、どれだけ毎回感謝すればいいのか解らない

これからも僕は歌うよ。

このしわがれた声で

また、遊ぼうぜ

STAY METALIMG_7374.JPG

日時:3/24(火)西成難波屋
開演:19-21時
料金:無し(投げ銭ライブ)
出演:哲ちゃん/Chu-ta/ムラマツ/くろべ
地図はコチラ
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270406/27046610/dtlmap/ 



posted by Chu-ta at 09:26| 大阪 ☀| Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月21日

2015.03.20 音太小屋「ネタカフェ」レポ

先週に続いて昨夜はおなじみ

天六「音太小屋」

1階で毎週金曜に開催されている

オープンマイク「ネタカフェ」

に参加してきましたパンチ

いつも通りに19時に音太小屋に到着すると・・・

サングラスをかけた人とホストの「Kafuさん」が
なにやら話をしている声が・・・

IMG_7290.JPG

まぁ〜とりあえず自分の機材などを出して
セッティングしていると

「Chu-taexclamation

という聞き覚えのある声が

約3年ぶり位に、奈良で活躍しているシンガーの

「YANEURA音楽工房」

と久しぶりの再会わーい(嬉しい顔)

で、セッションるんるん

IMG_7272.JPG

IMG_7274.JPG

「やっぱChu-taのハーモニカはえぇなぁわーい(嬉しい顔)」と上機嫌で
数曲ハーモニカを吹かせてもらって奈良へ帰られました

どうやら、昼位から、かなりお酒を飲んでたみたいで
リズム感がむちゃくちゃだったりしたけど、楽しかった

また今度は「シラフ」の時に遊びましょうね手(チョキ)

で、その後は来週火曜の難波屋でのライブを意識して
練習がてらにオリジナル曲を大目に歌いましたわーい(嬉しい顔)

やっぱりカバーよりオリジナルを歌うと力の入れ方が
違うのでしんどい・・・今日がしんどいふらふら

僕の歌い方は「全身」の力で歌うので
歌い終わった次の日とかは、必ず体が痛くなります。

これは昔からそう

逆に痛くないって事は「歌えてない証明」になるので
自分にとっての、この痛みがバロメーターになってる。

そうこうしていう内に

「京子さん」

が来店

僕にとって「SOUL姉弟」でもある京子さんとの
セッションは、本当にやりがいがあり、楽しい黒ハート

さすがに、セッションに慣れてる人と一緒に演奏すると
本当に思うのは「人の演奏を聞く」という事がヒシヒシ感じます

バンドでもセッションでもなんでもそうだけど
「誰か」と一緒に音楽を作る時に一番大切な事は

「その人の音を感じる事」

です

IMG_7280.JPG

IMG_7278.JPG

互いが互いの音に反応することで生まれる「科学反応」こそが
本当の音楽を生み出します。

カラオケ並に「自分だけのリズム感」で勝手に歌っちゃうタイプの人が
一番やりづらく、一番楽しくない感じになりますふらふら

後、カバーだろうがなんだろうが、その歌の「言葉」に
自身の景色を描けない人の歌は基本的に響かない。

でも、こういう事って練習でどうなることではなくて
多分「生まれた時から持ってる能力」なんだと思います。

京子さんは、その才能に長けている人なので
どんな曲でも「京子節」になり、僕と似たタイプの「歌うたい」と思います。

素晴らしいセッションを終え、
来週火曜の難波屋ライブに向けて体を休めます。

この「体を休める」事も「歌うたい」にとって何気に大切な仕事なのです。

さぁ〜火曜は2年ぶりにライブをします

素敵な景色を僕とキミで作れるように全力で演奏するので
是非、時間を割いてでも、来てくれると嬉しい。

じゃ! STAY MEATL

IMG_7276.JPG

【ライブ情報】

日時:3/24(火)西成難波屋
開演:19-21時
料金:無し(投げ銭ライブ)
出演:哲ちゃん/Chu-ta/ムラマツ/くろべ
地図はコチラ
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270406/27046610/dtlmap/ 


posted by Chu-ta at 08:50| 大阪 ☁| Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月14日

2015.03.13 音太小屋「ネタカフェ」レポ

約1カ月ぶりに昨日は音太小屋1階で毎週金曜におこなれている
オープンマイク(飛び入りライブ)

ネタカフェ

に参加してきました。

IMG_7207.JPG

久しぶりに「機材」を持って音太小屋まで行きましたが
とにかく・・・・

重い!!!ふらふら

・ギター
・ハーモニカセット
・譜面
・シールドやら替え弦やらのセット
・プリアンプ(FISHMAN/AURA SPECTRUM DI)
・ハーモニカホルダー
・ギターストラップ


本当にこれが最低限の「セット」です。

足し算はあっても、もうこれ以上の引き算は無理もうやだ〜(悲しい顔)

まぁ〜慣れてるからいいけどねパンチ

で、昨日は音響およびホストの「kafuさん」と僕だけで
あ〜じゃ、こ〜じゃ、しゃべりながら、歌いながら

IMG_7213.JPG

IMG_7221.JPG

IMG_7220.JPG

IMG_7223.JPG

ライブをやってたんですが・・・・

IMG_7227.JPG



IMG_7225.JPG

?んっ

なんと後半からは
音太小屋のオーナー

「哲さん(天満の哲)」

の今度発売される

「10枚組アルバム!!」

のレコーディングに急遽参加する事になり

そのまま「レコーディング」とあいなりました

もう僕自身も覚えていないんですが
どうやら、昔哲さんに曲を提供したらしく

作詞:哲
作曲:Chu-ta

の曲をレコーディングしました

とはいえ、ほぼ一発録りでのレコーディングなので

1.ボーカル:哲 ギター(ストローク):Chu-ta
2.ハーモニカ:Chu-ta
3.ギター(指アルペジオ):Chu-ta
4.ベース:Chu-ta


とあくまで「有もの」の機材でオーバーダビングをして終了

3/29(日)に音太小屋開催のレコ発ライブにも参加する事が急遽決定しました。

■天神橋六丁目音太小屋(ねたごや)
http://www.eonet.ne.jp/~netagoya/

その後は、今後のネタカフェ、音太小屋のあり方などについて座談会をして終了

やっぱり「音楽が好きな人」と「音楽」を語る時間が
人生で一番幸せな時間です黒ハート

逆にいえば、「それ以外の話」には「ほぼほぼ興味がないがく〜(落胆した顔)」ボクなので

ボクに出会った時は是非「音楽」の話をしましょうexclamation×2

哲さんのアルバムどんな感じになるのか今から楽しみです。

是非3/29(日)お時間がある方は「天満の哲」の生き様を見に
天神橋6丁目「音太小屋(ねたごや)」までお越しやす。

あ!後3/24(火)は"あの"「難波屋」で僕にとって「2年ぶり」
となるライブをやります。

これぞ、「大阪イズム」が満載の難波屋
来たことがない人は、是非、この機会に来て、体感してくれると嬉しい!!

日時:3/24(火)西成難波屋
開演:19-21時
料金:無し(投げ銭ライブ)
出演:哲ちゃん/Chu-ta/ムラマツ/くろべ
地図はコチラ
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270406/27046610/dtlmap/ 


それではみなさん、また来週の音太小屋で!!

IMG_7210.JPG

STAY METAL!!
posted by Chu-ta at 10:12| 大阪 ☔| Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

「Live動画」(ハーモニカサポート編)

Youtubeのチャンネルに最近すっかり動画をUpしていない状態だったので
久しぶりに過去のライブ映像を見直して

「そういえばハープ(ハーモニカ)サポートしたライブ動画無いなぁ」と
思い、色々漁っていたら、ありましたexclamationありましたexclamation×2

最初に印象深かったライブは、やっぱりコレ!!

「森本真一郎」

のワンマンライブでのサポートライブから



このライブから本格的に「ハープサポート」を色んな方のライブで
やるようになったキッカケになったライブです。

森本くんとは、東京でのソロ活動のホーム

「御茶ノ水KAKADO」

http://www.kakado.jp/

でイベント「関西人ナイト」を一緒に作ったりと東京ラストまで
何度も共演した素晴らしいアーティストです。

今はライブハウスの店長やってるみたいです。
また、一緒になんかやる時があれば良いなぁ〜と思うよハートたち(複数ハート)

もう一曲は僕がやっていた3ピースバンド「SOULtone(ソウル・トーン)」の
ベースの「JAN」が解散後に加入したバンド

「ペチカ」

でのライブサポート



ペチカはVo/Gの中西君に僕のライブにゲスト参加してもらったりして
色々お世話になりました。

ロックバンドに入る「ハーモニカ(ブルースハープ)」はやっぱりカッコいいなぁ〜
と自画自賛しますパンチ

どちらの動画も当時使っていたマイクは「ハーモニカ専用マイク」としては
定番とも言える

HOHNER Blues Blaster.jpg

「HOHNER Blues Blaster」

これをギターアンプに突っ込んで若干歪ませて使ってました
俗にいう

「アンプリファイド」

ってやつです。

僕がハーモニカに目覚めたのは間違いなく
小学生の時に見た映画

「The Blues Brothers(ブルースブラザーズ)」

の影響です



このライブ映像を見て、「うわ!ハーモニカかっちょええ」と
思いましたが、その思いは、自分がギターを弾いて歌うようになる16まで
お預けになります。

まぁ〜こうして「ハープサポート」を色々経験して

その後大阪に戻ってからも、現在のホーム「音太小屋」でも
色んな方のバックでハーモニカを吹かせてもらったりしてますが

本当にいつかは、自分が「ハーモニカ吹き」として
メンバーでいれるバンドもやってみたいと思います。

でも「ハープ(10hole Harmonica)」ってやっぱり

「Blues」ってイメージが強すぎますよね

もしくは「フォーク(FOLK)」ってイメージも強すぎます

「山崎まさよし」

が世に出た時は



「おexclamationハープ人口増えるのかexclamation&question」と期待しましたが

まったくそんな事もなくもうやだ〜(悲しい顔)、コピーしてるのに「ハーモニカ無いんかい!」って人が
結構いて、逆にビックリするほどです。がく〜(落胆した顔)

また、飛び入り(オープンマイク)や人のライブで突然ハーモニカを吹き続けて
一人でも多くの人に「ハーモニカって素敵やん!」って言わしめてやろうと思う
今日この頃でした

posted by Chu-ta at 07:19| 大阪 ☀| Comment(0) | ライブ動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

2015.02.13 音太小屋「ネタカフェ」レポ

DCF_0164.JPG

「これこそ音太小屋の真骨頂!!」

※写真は音太小屋のオーナーの哲さんです

先週金曜はおなじみ音太小屋1階で行われている
オープンマイク(飛び入り)ライブ「ネタカフェ」でしたわーい(嬉しい顔)

朝から「雪降りまっせぇ」とやたら煽っておりましたが
さすがに「晴れ男」の僕だけに、全然大丈夫でした(寒かったけどね)ふらふら

この日は常連の方々はおらず新規で2組の方が来店手(チョキ)

1組は以前「音太小屋音楽祭」に出た男女のデュオで
主に洋楽のカバーを中心に演奏してくれました。

とてもまっすぐな声と、的確なギターテクニックで
安定感があって、聞いていて心地よかったです。

もう一組は、演奏せずに「音楽を聴きに来た」
男女2名でしたが・・・・

音太小屋というハコは「聞きに来た」というだけだと
どうも、問屋が卸さないタイプのハコなので

半強制的に「歌本」を積み上げ、曲を選んでもらって
僕がギターとハーモニカで伴奏をして、女の方には歌ってもらいました

生まれて初めて「生音伴奏」で歌ったとのことで
最初こそ、こちらまで伝わるほど、緊張してましたが
2順目からは、気持ちよく歌ってもらって、サポートしても
やりがいのある仕事ができたと思います。

歌った後に「本当に気持ちよかった」と言われて嬉しかったなぁ黒ハート

僕が音太小屋をホームにするようになってこうしたサポート(伴奏)を
するようになり、かなり「人に合わせる」という事を覚えました。

東京時代の僕を知っている人にしてみりゃ、そりゃさぞかし

「Chu-taも大人になった」と言われる事でしょうがく〜(落胆した顔)

洋楽のカバーをされる方のオリジナル曲では
「あ!これはハーモニカいるなぁ」とギターを凝視してキーを探して
いつものようにいきなり入ったところ・・・・

「キー間違えた・・」

まぁ〜よくあることですわーい(嬉しい顔)

で、すごく喜んでくれたので、再度同じ曲をちゃんとしたキーで演奏しました

「録音しておけばよかったぁ〜もうやだ〜(悲しい顔)」と言われるほど、
僕のハーモニカが入ったバージョンを気に入ってもらえたみたいで良かったです。

今回は、久しぶりに音太小屋のオーナー「哲さん」も来て
いつもの通り、オンリーワンな世界を披露してくれましたよ。

やっぱ哲さんがいると、音太小屋は締まりますなぁ〜さすが!!

僕は久しぶりにオリジナル曲を中心にやりましたよ

1.いつもの店
2.雪解け前
3.灰色の水曜日(ARB)
4.西新宿の親父の唄(長渕)
5.カラス(長渕)
6.MURDER GAME (ARB)
7.愛ノ花

かな?

ラストの愛ノ花は久しぶりに音太小屋でやりましたが
やはり、この曲、どこでどんな人の前でやっても
素晴らしいコーラスと素晴らしい笑顔の景色が広がります

まさに自画自賛の1曲ですなぁ〜

新規に人達も「また絶対に来ます」と約束してくれたので
これからの音太小屋がまた楽しみです。

楽器ができない人で「音楽が好き」な人も是非金曜のネタカフェに
来てくださいね。僕がいる時はバッチリサポートしますから是非おこしやす!

天神橋六丁目音太小屋
http://www.eonet.ne.jp/~netagoya/



posted by Chu-ta at 11:14| 大阪 ☀| Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。