2012年01月27日

Fender Rhodes[フェンダーローズ]の魔力


自分で宅録(レコーディング)をする際やアレンジに迷った時

アコギと歌以外にまず入れるのは
間違いなくエレピ(Fender Rhodes)です。

エレピ(電子ピアノ)と言っても
種類も沢山あるが、とにかく好きなのが
タイトルにある

「フェンダーローズ」(Fender Rhodes)

もうね弾いてるだけで

「何ですかこの無敵感!」がく〜(落胆した顔)

って感じで空間を埋めてくれます黒ハート

とくに鍵盤弾きではないボクみたいなタイプは
適当にコード弾くだけでむっちゃカッコ良くなる
ローズの音は最高です手(チョキ)

で、なぜ自分がそれほどローズが好きなのかを
考えてみると、ローズという名前は知らなかった
高校時代にちゃんと聞き始めた洋楽で
実はローズとガッツリ出会っていたんです。

それがまずはこの有名な曲



Billy Joel/Just the Way You Are(素顔のままで)



Stevie Wonder/You Are The Sunshine Of My Life

どっちもガッツリ「ローズサウンド」でするんるん

そして、邦楽だとこれexclamation



松任谷由実/中央フリーウェイ

松任谷正隆の弾くローズって素敵やわぁわーい(嬉しい顔)
(映像でもローズ弾いてます!)

そして今、もうローズにベッタリです。
きっかけになったのは、「The Album Leaf」のアルバム



The Album Leaf/Thule

他にも大好きなローズの曲はこんな感じです



Paul Simon/Still Crazy After All These Years



Michael Franks/Nightmoves



Donald Fagen/I.G.Y.

ちなみにレコーディングでは実機はさすがに無理なので
ソフト音源をMIDIキーボードで弾いてます。

使ってる音源は「AAS」の「Lounge Lizard EP-3」です。

Lounge Lizard EP-3.jpg

使いやすくてかなり音もいいですよ!オススメです。

※以下のURLでサンプルも聞けますよ!

http://www.minet.jp/aas/lounge-lizard





posted by Chu-ta at 19:40| 大阪 ☀| Comment(0) | レコーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

JUN SKY WALKER(S) B(S)T

ついに届いたぁぁぁぁもうやだ〜(悲しい顔)

期間限定の復活をしたジュンスカこと

「JUN SKY WALkER(S)」

が今度は期間関係なく完全復活しました!!

http://junskywalkers.jp/home/

復活一発目として全曲新録のベスト
タイトルもそのまんま

B(S)T.jpg

「B(S)T」
http://amzn.to/x6Ssuz

が18日に発売され、本日我が家に届いてしまいましたわーい(嬉しい顔)

収録曲は

1. 歩いていこう
2. JACK & BETTY
3. すてきな夜空
4. 風見鶏
5. いつもここにいるよ
6. ひとつ抱きしめて
7. メロディー
8. 声がなくなるまで
9. 休みの日
10. 青春
11. START
12. 僕と勇気とありふれたLove Song
13. PARADE
14. HEAVY DRINKER
15. 全部このままで
16. MY GENERATION
17. 白いクリスマス
18. シンフォニー

呼人時代(トイズ時代)の曲のみで構成されたベスト

僕にとってジュンスカは他のどのバンドとも違い
本当に「特別なバンド」です。

元々自分の音楽人生がジュンスカのコピバンから始まり
高校3年間は、それこそジュンスカまみれでした。

「全部このままで」から「START」までのアルバムは
本当にどれくらい聞いたか解らない位聞いたなぁ
(当時はテープにダビングしてウォークマンで)

1曲目の「歩いていこう」が鳴った瞬間
オリジナル盤発売からこのB(S)Tまでの間の
録音技術の進歩をまず感じました。

オリジナル盤に比べとにかくラウドになった
森純太のギター、呼人のベース、小林君のドラム

そして、宮田和弥の「歌」

とにかく、かっこ良いるんるん
他の言葉が要らない位かっこ良い!

アレンジはほとんど当時のままにしてありますが
間違いなく「今」のジュンスカを感じれます。

純粋に音楽だけの勝負ではCDが売れなくなった時代
その気になればインターネットから何でもダウンロードできる時代に

CDというメディアを購入する意味が問われてきているような気がします。

でも、このアルバムは本当に買ってもらいたいと思えるアルバムです
ジュンスカが「青春」だった全ての人も
ジュンスカってなんですか?っていう全ての人におすすめします。

しかし、こうして聞いていると本当に名曲が多いですねぇ

そして、このB(S)Tを引っ提げてのツアー"B(S)T"〜完全復活があります
もちろん、2/25のZEPP OSAKAには参戦しますよ!

4月には新曲のアルバムもあるとか
本当に嬉しいなぁ〜

今年は良い年になるなこりゃ!

ラストに期間限定復活だった時のシングル「青春」を聞いてください!

KEEP ON ROCK'N おかえり!ジュンスカ黒ハート


posted by Chu-ta at 19:21| 大阪 ☁| Comment(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

新機材!「Blue Microphone spark」「FURMAN SS-6B」

先日サウンドハウスに注文していた機材が届いたので
今日は、テストを兼ねてセッティングして録音してましたるんるん

ます、電源タップ

FURMAN SS-6B 01.jpg

「FURMAN SS-6B」

http://www.electroharmonix.co.jp/furman/ss6b.htm

今までまったく電源に関しては、興味もなく
激安のタップを使ってましたが、サウンドデザイナーや
サンレコを読んでいると、やたらと電源の話が出来るので
興味が湧き、コスポも良く評判も高いので、
これで試してみる事にしましたexclamation×2

録音をする部屋には、2口のコンセントがあるので
これも、サウンドデザイナーを見て、
「PC用」と「音楽用」に分けるため別々にしてみました。

IMG_3378.JPG

結果はというと・・・・

まぁこれが違うんですよがく〜(落胆した顔)exclamation

ノイズキャンセルの影響なのか、なんなのか解りませんが
とにかくスピーカーから出てくる音が違います。

音場が一気に広がって、定位が取りやすく
中低音もしっかり締まった感じ
になって聞きとりやすいです。
タップ一つにでこんだけ違うんだぁ〜と痛感しましたわーい(嬉しい顔)

これは、スピーカーを置くレンガとかインシュレーターとか
色々これから改善して行こうと思いますふらふら

そして、メインの機材である、コンデンサーマイク

Blue Microphone spark.jpg

「Blue Microphone spark」

http://www.bluemic.jp/products/mics/Spark/index.html

(アダ名:オレンジ)が届きました。

このマイクはサウンドデザイナーとサンレコで最初見て
その変わった形と、色に興味が湧いたので、一回楽器屋に見に行ったら
一目ぼれ黒ハートしてしまい、購入にいたった次第です・・・

元々高校生の頃から宅録は全部ダイナミックマイク(58)でやっていたんですが
録音をDAW(Cubese)にしてから、やっぱ一本位コンデンサーあったほうがいいかなぁ〜
と常に思ってはいたんですが、どうも、あのゴツゴツした見た目が嫌いで
購入にまで、至らなかったですが、この可愛さには・・・K.Oでした

どうですexclamation&question可愛いでしょexclamation

噂には聞いてましたが、えらい豪華な木箱に入ってますわーい(嬉しい顔)

IMG_3371.JPG

IMG_3372.JPG

中には付属のショックマウントとポップガードがついてます
ショックマウントは最初に見たタイプと変わったようでちょっと残念・・・ふらふら

ですが、取りつけた所、結構しっかりしてますよ手(チョキ)

取りつけるとこんな感じです

IMG_3373.JPG

IMG_3374.JPG

IMG_3377.JPG

で、早速今度録音する曲のガイドを兼ねて
仮歌と仮ギターの弾き語りを録音しました。

いやぁ〜良いですexclamation×2
「58」(ゴッパチ)はそれはそれで大好きな音だし
ダイナミックは絶対に必要だと思いますが
いざ、こうしてコンデンサーで録音をすると、レンジの広さが全然違いますね

でオレンジの音ですが、非常に素直です
仮ギターを、去年からのすっかりライブでのメインに落ち着いた

IMG_3357.JPG

「K.Yairi RF-90」

を使って録音しましたが、家で弾いている生音に非常に近く
変な色付けもなく、後段階でのコンプやEQもやりやすい感じでした。

後やっぱゴッパチ等のダイナミックと比べると
確実に音を拾う範囲が広いので、ギターと歌を同時に取ると
もの凄いカブるねぇ・・・

基本歌を録音する時は、同時にギターを弾きながら録らないと
変な力が入って良い感じにならないので、その辺も考慮しながら
レコーディングを進めていかないとなぁ・・・ふらふら

IMG_3376.JPG

オレンジの背中についているボタンですが
これはこのマイクのみで採用されているボタンで
公式HPによると、以下の通りらしいです

「本体背面には新たに開発された「Focus Control」スイッチを搭載し、
低域のインパクトとディテールを持ち上げるNormalモード、
そしてよりクラリティーを追求するFocusモードの切り替えが可能です。」

で、実際にONにすると、ローカットされて、アコギ等を録る時の余計な低音等が
なくなりスッキリした音にはなりますが、OFF状態の方が好きだったので
なんかの時に役に立つかも?しれませんねぇ・・・・パンチ

で、録音はこれまた我が家の定番になっている
「ART Tube MP Studio V3」(真空管マイクプリ)を通してI/Oである
「CI2+」へ繋ぎました。最初直結で「CI2+」に繋いだけど、やっぱこのプリ
挟むと、音がホンワカと暖かくなるので、気にいってます。

IMG_3379.JPG

そんな感じで、グレードアップした環境で、今年はアルバム作るぞぉ!

exclamationモニターも実は15インチというノーパソ並みから23インチに変更して
Cubaseの画面も、見やすくなったのですよわーい(嬉しい顔)



posted by Chu-ta at 20:59| 大阪 ☁| Comment(0) | 楽器関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

新しい家族


すっかり年が明けましたねわーい(嬉しい顔)

昨年もライブ、ライブで応援ありがとうございました。
今年は、もっとレコーディングに時間をかけて
絶対に良いアルバムを作ろうと思いまするんるん

もちろん、録音からミックスまで
自分で責任をもってやろうと思っております爆弾

Twitterでは書きましたが、去年から
とにかく気になっていたコンデンサーマイク


Blue Microphone spark.jpg

「Blue Microphone spark」

http://www.bluemic.jp/products/mics/Spark/index.html

をついにポチッってしまいました。
全ミュージシャンにはすっかりおなじみ
サウンドハウスで

「15,800円(税込)」

でした(やっぱ安いなぁ!サウンドハウス)わーい(嬉しい顔)

http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=199%5ESPARK%5E%5E

見積もりが連休明けになるので
今週中には届けば良いなぁ!

後、これも去年から気になっていた電源タップ

「FURMAN SS-6B」

FURMAN SS-6B 01.jpg

http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=350%5ESS6B%5E%5E

「PC用」「音楽用」と2個購入しました手(チョキ)

こっちは1個

「3,500円(税込)」

でした。

まぁどの程度の効果があるのか解りませんが
サウンドデザイナーやサンレコでも電源の重要性は
よく出ているので、定評も高く、コスパも高いコイツで
試してみる事にしました。手(グー)

まぁこうして今年はハード面の強化を図りつつ
良い音楽環境を整えていこうと思いますわーい(嬉しい顔)

とにかくレコーディングを外のスタジオなど時間の制限がある環境では、
とてもやろうとは思わないしもうやだ〜(悲しい顔)

打ち込み/アレンジから、録音、ミックスまでは絶対に自分一人でやりたいので
これから先もDAW野郎になって、宅録ならではの温かい作品を作りたいますので
是非、楽しみにしててくださいねexclamation×2

そうそう、タイトルの「新しい家族」とは
機材の事ではなく、なんと、我が家に2人の家族がふえたんです黒ハート

まず、自己紹介をexclamation×2

IMG_3288.JPG

IMG_3294.JPG

IMG_3289.JPG


先住猫の「風ちゃん」「びん君」とも少しづつ距離を縮めています。

IMG_3297.JPG



今年もライブで、飛び入りで、沢山の素晴らしい景色が見れるように
応援よろしくお願いしますねexclamation×2



2012年 Chu-ta



posted by Chu-ta at 08:24| 大阪 ☁| Comment(0) | 楽器関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

今年欲しいもの (マイク系)


あけましたわーい(嬉しい顔)

おめでとうございますぴかぴか(新しい)

今年も、なにとぞ、応援のほどよろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)黒ハート

さぁ〜今年はとにかくDTM関連で言えば
ハード面の強化が課題ですむかっ(怒り)

と、なればまずはマイクでしょうexclamation×2

Blue Microphone spark.jpg

「Blue Microphone spark」

http://www.bluemic.jp/products/mics/Spark/index.html
俗に言うコンデンサーマイクってやつです。

我が家にはダイナミック(58)しか無いのでレコーディングの事を考えて
色々見ていた所、このマイクに出会いましたわーい(嬉しい顔)
とにかく、見た目が最高に可愛いでしょexclamation&question
結構コンデンサーって見た目が嫌いなんですがこれは色も可愛くて
一目で気に入りました黒ハート

まずはコイツが最優先ですパンチ

が、ど定番ですが

SM57.jpg

「SHURE SM57」

http://www.shure.co.jp/ja/products/microphones/sm57

も一本欲しいですねぇ

やっぱアコギとか、オンマイクのサブとしてあった方が良いんだろうなぁ

後、余裕があれば、ライブ用に難波屋で使わせてもらっている

BETA58A.jpg

「SHURE BETA58A」

http://www.shure.co.jp/ja/products/microphones/beta_58a

が欲しいexclamation×2

普通の58に比べると本当にレンジが広く
とにかく自分の声にも、余裕で答えてくれてすげぇ気に入ってます


アコギ弦は、今年後半に出会ったMartinのコーティング弦

MSP6100.jpg

「MSP6100」

で当面決定です!

長年エリクサーを使ってましたが、この弦は結構衝撃でした
とにかく弦よりもしっかりボディ鳴りを表現してくれて且つ
コーティングなので、数か月は楽勝で持ちます!

さぁ〜今年もボチボチで頑張りま〜す手(チョキ)




posted by Chu-ta at 08:40| 大阪 ☁| Comment(0) | 楽器関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。