2015年02月15日

2015.02.13 音太小屋「ネタカフェ」レポ

DCF_0164.JPG

「これこそ音太小屋の真骨頂!!」

※写真は音太小屋のオーナーの哲さんです

先週金曜はおなじみ音太小屋1階で行われている
オープンマイク(飛び入り)ライブ「ネタカフェ」でしたわーい(嬉しい顔)

朝から「雪降りまっせぇ」とやたら煽っておりましたが
さすがに「晴れ男」の僕だけに、全然大丈夫でした(寒かったけどね)ふらふら

この日は常連の方々はおらず新規で2組の方が来店手(チョキ)

1組は以前「音太小屋音楽祭」に出た男女のデュオで
主に洋楽のカバーを中心に演奏してくれました。

とてもまっすぐな声と、的確なギターテクニックで
安定感があって、聞いていて心地よかったです。

もう一組は、演奏せずに「音楽を聴きに来た」
男女2名でしたが・・・・

音太小屋というハコは「聞きに来た」というだけだと
どうも、問屋が卸さないタイプのハコなので

半強制的に「歌本」を積み上げ、曲を選んでもらって
僕がギターとハーモニカで伴奏をして、女の方には歌ってもらいました

生まれて初めて「生音伴奏」で歌ったとのことで
最初こそ、こちらまで伝わるほど、緊張してましたが
2順目からは、気持ちよく歌ってもらって、サポートしても
やりがいのある仕事ができたと思います。

歌った後に「本当に気持ちよかった」と言われて嬉しかったなぁ黒ハート

僕が音太小屋をホームにするようになってこうしたサポート(伴奏)を
するようになり、かなり「人に合わせる」という事を覚えました。

東京時代の僕を知っている人にしてみりゃ、そりゃさぞかし

「Chu-taも大人になった」と言われる事でしょうがく〜(落胆した顔)

洋楽のカバーをされる方のオリジナル曲では
「あ!これはハーモニカいるなぁ」とギターを凝視してキーを探して
いつものようにいきなり入ったところ・・・・

「キー間違えた・・」

まぁ〜よくあることですわーい(嬉しい顔)

で、すごく喜んでくれたので、再度同じ曲をちゃんとしたキーで演奏しました

「録音しておけばよかったぁ〜もうやだ〜(悲しい顔)」と言われるほど、
僕のハーモニカが入ったバージョンを気に入ってもらえたみたいで良かったです。

今回は、久しぶりに音太小屋のオーナー「哲さん」も来て
いつもの通り、オンリーワンな世界を披露してくれましたよ。

やっぱ哲さんがいると、音太小屋は締まりますなぁ〜さすが!!

僕は久しぶりにオリジナル曲を中心にやりましたよ

1.いつもの店
2.雪解け前
3.灰色の水曜日(ARB)
4.西新宿の親父の唄(長渕)
5.カラス(長渕)
6.MURDER GAME (ARB)
7.愛ノ花

かな?

ラストの愛ノ花は久しぶりに音太小屋でやりましたが
やはり、この曲、どこでどんな人の前でやっても
素晴らしいコーラスと素晴らしい笑顔の景色が広がります

まさに自画自賛の1曲ですなぁ〜

新規に人達も「また絶対に来ます」と約束してくれたので
これからの音太小屋がまた楽しみです。

楽器ができない人で「音楽が好き」な人も是非金曜のネタカフェに
来てくださいね。僕がいる時はバッチリサポートしますから是非おこしやす!

天神橋六丁目音太小屋
http://www.eonet.ne.jp/~netagoya/



posted by Chu-ta at 11:14| 大阪 ☀| Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。