2015年03月25日

2015.03.24 「難波屋ライブ」レポ

IMG_7329.JPG

昨年から2年ぶりにオープンマイクの日に限ってだが
現場に復帰して、毎週のように歌を歌っているわけですが、

いざライブとなると、まったくやっていないわけで
そんなこんなで、昨夜は

「西成難波屋」

で約2年ぶりにライブでしたるんるん

「オープンマイク(飛び入り)」と「ブッキングライブ」は気持ちの置き方が180度違う。

「オープンマイク」の場合は「対お客」とはならず
基本的に来ている人全員が「演者」となるので、ほぼ「公開リハ」や
「セッションの場」として僕は使っている。

だけど「ライブ(ブッキングライブ)」は違う
僕(演者)とお客さんでその一瞬でしか描けない「景色」を描く
それが僕にとって「ライブ」である。

そしてライブの主役はいつだって

「お客さん(キミ)」

である


では、レポへ

トップバッターを飾ったのは
「サラリーマンシンガー」

「ムラマツ」

IMG_7324.JPG

愛器は

「YAMAHA FG-140 (70'S)」
と渋いチョイス

IMG_7373.JPG

「サラリーマンネタ」満載のユーモアとシニカルを融合した日常を
切り取った、素敵なステージでしたわーい(嬉しい顔)

基本ロックンロールとソウルをルーツにした感じがトップに相応しいライブでした。

で、2番目は僕

「Chu-ta(チュータ)」

IMG_7327.JPG

IMG_7328.JPG

愛器は、もちろん

「K.Yairi RF-90RB」

IMG_7369.JPG

【セットリスト】

@西新宿の親父の唄
活動復帰後から歌っている長渕のカバーで幕開け
難波屋では、こういう曲が合うんじゃないかと思いチョイスしました

ALike a MOON
東京で最初に結成した「Real Folk Blues」時代に作成し
その後、ソロ、SOULtoneでも演奏している曲
活動再開後からは、オリジナルのアレンジより
バックビートとハーモニカを強調したアレンジにしています

Bkinou,kyou,ashita
大阪に帰ってきてからのソロ時代に作成した現時点では最新曲に近い歌
8ビートのロックに乗せて、一気にトップギアまで上げていきます

Cいつもの店
東京より弾き語りで演奏する「ライブハウス」が少ない大阪
その分演奏させてもらうのが「ライブバー」などの「飲食と一体化したハコ」が多い
それだけにこの「いつもの店」で描かれる「店主と常連」との絆が深く響きます

D愛ノ花
ラストはもちろん「愛ノ花」大阪に帰ってきてからというもの
僕の「代表曲」となっています。

歌を歌うようになって
ライブをやるようになって
お客さんと自分との絆を感じるようになって

やっと描けた、理想的な曲

サビの「愛を歌おうるんるん」で、お客さんと共にシンガロングする際に
描かれる景色は、どんな場所でやっても最高に美しい風景なんです黒ハート

3番目に登場は

「くろべ」

IMG_7346.JPG

愛器は

「Guild (70's)」

IMG_7372.JPG

センチメンタルでちょっとシティーポップを感じる歌で
会場を「暖かい空気」にしてくれました。

途中でハーモニカで飛び入り参加して、くらべさんも喜んでもらいました

やっぱり、ハーモニカ(10hole)って便利な楽器だなぁ〜と痛感

そして、ラスト(トリ)は、もちろん

「哲さん(天満の哲)」

IMG_7363.JPG

IMG_7367.JPG

愛器は僕もレンタルしたことがある

「Martin HD-28」

IMG_7368.JPG

今回全員が意外に「巻き」で演奏したので
難波屋の演奏規制時間(19-21)までかなり時間が余ったので
アンコールを含めて、たっぷり演奏してくれましたるんるん

やっぱり哲さんの描く歌は「唯一無二」で素晴らしい。

ちょっと「辛口」で
ちょっと「優しく」て
ちょっと「日常」で
ちょっと「非日常」で

こんな風に歳を重ねれてたらと思わせてくれる素晴らしいと思うシンガーです

29日は、音太小屋で開催される「レコ発ライブ」に
急遽、僕も参加するよexclamation

以上!

難波屋は他のハコにはない独特の雰囲気で
やっぱり良いですね。

今回難を言えば、モニター(コロガシ)が
マイクの前になったためハウリングが起きやすい状態になり
「6弦」がどうしてもならせない状態だったので
ギターを弾くのに神経を使ってしまった事位です

次のライブからはモニターをサイドに移動してもらうようにしてもらいます。

やっぱ、普段参加しているオープンマイクとブッキングライブは
心意気も気合も緊張も全然違うため、全力でお客さんとぶつかりました。

そこで僕から見える景色は、キミが作ってくれた素晴らしい景色であり
僕だけが独占できる、素敵な風景なんです。

この景色を描いてくれるお客さんに、どれだけ毎回感謝すればいいのか解らない

これからも僕は歌うよ。

このしわがれた声で

また、遊ぼうぜ

STAY METALIMG_7374.JPG

日時:3/24(火)西成難波屋
開演:19-21時
料金:無し(投げ銭ライブ)
出演:哲ちゃん/Chu-ta/ムラマツ/くろべ
地図はコチラ
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270406/27046610/dtlmap/ 





posted by Chu-ta at 09:26| 大阪 ☀| Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。