2015年05月02日

2015.05.01 音太小屋「ネタカフェ」レポ

IMG_7573.JPG

※THE CHERRY COKE$ Tのバックは
「そばに居ると誓う、酔いが覚めても」の英詩

2週間ぶりにおなじみ

「天六 音太小屋(ねたごや)」

1階で毎週金曜に行われている

オープンマイク「ネタカエ」

に行ってきました。

G.Wに入る事もあり、人が少なめでしたが、

初めて来た女性シンガーが来てくれたりして楽しかったですわーい(嬉しい顔)

IMG_7575.JPG

IMG_7578.JPG

セットリスト

01.心拍数
02.月明かりに照らされて
03.One more time, One more chance

01.ロボット
02.さすらい

01.スローバラード
02.愛ノ花

今回は

「山崎まさよし」
「奥田民生」


そして、5/2が命日のため

「RCサクセション」

をやりました。

※愛ノ花はオリジナルです。

IMG_7596.JPG

今回は事前にTwitterで初めてリクエストをしてみた結果を踏まえた
カバーをしてしてみました。

まぁ〜こういうのも面白いですね手(チョキ)

またやりたいと思います黒ハート

自分の出演以外でも、ハーモニカでAYANOさんのサポートをしたりしました。

やっぱ「ハーモニカ吹き」の人口比率が意外にも低いので
どうやら重宝されるみたいです わーい(嬉しい顔)

って事で時間は

5/22(金)

に参加予定です。

良い夜でした。また遊ぼうぜ!!

IMG_7598.JPG

※今回は「THE CHERRY COKE$(チェリコ)T」にちなんで敬礼ポースでの集合写真です。
posted by Chu-ta at 16:21| 大阪 ☀| Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

2015.04.17 音太小屋「ネタカフェ」レポ

IMG_7528.JPG

昨夜は、僕の「ホーム」である

音太小屋(ねたごや)

一階で毎週行われている
オープンマイク・ライブ

「ネタカフェ」に参加してきました。

http://www.eonet.ne.jp/~netagoya/

昨日は、いつもより沢山「歌うたい」が集まったので
「ギター」「ハーモニカ」サポートでセッションしました手(チョキ)

IMG_7514.JPG

ドリーさん

IMG_7519.JPG

AYANOさん

IMG_7522.JPG

京子さん

もちろん、歌ってます。

IMG_7527.JPG

それぞれの持ち味に合わせてできる限り、サポートしましたが、
「マダマダだなぁ〜ふらふら」って感じる瞬間が多かったです。

でも、やっぱ「音で会話する」時間が一番
自分にとって「居心地が良い時間」なんだと痛感しましたるんるん

僕の音楽と共に生きる上で大切な活動の一つに

「セッション」

は非常に学ぶ事が多い大切な時間です。

もちろん、「ライブ」という「自分の世界」を
お客さんと共に描く空間は、最終的に一番大事な場所ですが

そこにいたる過程や、そこを目指すには
必ず「セッション」を行う事が大切だと僕は思っています

やっぱ、人と音で会話していると楽しいし勉強になることが多いです。

それは言葉で上手く伝えられないけど、多分

「間(ま)」の勉強

でもね、セッションをする時にできれば

「歌い手」も「ギターリスト」も

互いの音を聞いてほしいね

「歌い手」がギターを聞かずに歌うとそれはただの「カラオケ感覚」で
あって「セッション」特有の「科学反応」は起きない。

「歌い手」が好きに歌いたいなら

「自分でギター弾いて自分で歌う」

事をおすすめする。(つまり誰とも一緒に演奏しないソロ演奏)

そういう人と音を合わせると途中で飽きちゃうんだよなぁ〜
っていうか「つまんない」

それは多分聞いている人もそうだと思うし

後ちゃんと「セッション」できない人の歌は
きっと、「成長しない」と僕は感じるし、
最終的に「セッション出来ない人」はライブもできない。

ライブは「お客さん」との最高のセッションだからね!


「自己満足だけ」の人と
「自己満足だけでやっているのに音が外に向く」人って

同じ「自己満足」で音楽をしている人だけど
その音楽を聞いている人には確実に伝わる。

自分の音楽を自分で判断する事は出来ないければ

僕はこれから、"キミ"と音楽を作っていきたいと思うよ

また遊ぼうね!

IMG_7530.JPG

STAT METAL!

※今回ホルモンTを着ているので全員で「ホルモンポーズ」してもらいました

追伸:
昨日初めてネタカフェのユーストと自分のTwitterアカウントを連動させて
実況ツイをしたら、いつもの5倍位の人にユースト見てもらえました!あんがと!

posted by Chu-ta at 07:34| 大阪 ☀| Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

2015.03.30 音太小屋10周年+哲さんレコ発ライブ レポ

IMG_7456.JPG

2008年2月15日(金)

僕が初めて、天神橋六丁目にある

「音太小屋(ねたごや)」

に足を運んだ日である。

今でもその時の記事は残っている

「天六/音太小屋(ねたごや)」
http://chuta-blues-blog.seesaa.net/article/84255713.html

東京に上京して12年間「自分の音楽」と向かい合った

その時,最終的に自分が出した答えが「大阪」だったるんるん

そして、その自分が求めている「大阪」に出会えた場所が「音太小屋」だった。

上の記事でも書いているけど、音太小屋で歌った時に本当に

「あぁ〜音楽に帰ってきた」

と思える景色に出会えたわーい(嬉しい顔)

これを感じるために大阪に戻ってきたんだよ!と
東京で切磋琢磨した仲間たちに伝えたいと思えた。

あれから7年

何度か音楽から離れたりお休みしたるすることはあったけど

僕は音太小屋と共に自分の音楽を紡いでいる

そんな
「音太小屋10周年」

そしてオーナである

IMG_7413.JPG

「哲(天満の哲さん/レコ発(10枚組)パーティ」


昨日3/29(日)盛大に行われたました。

哲さんがソロ活動以外で行っている
数々のユニットでの演奏

IMG_7411.JPG

IMG_7420.JPG

IMG_7469.JPG

あり

IMG_7444.JPG

「バリ舞踊」


あり

もちろん僕と哲さんのユニット

「Chu-哲」

での演奏

IMG_7425.JPG

IMG_7424.JPG

僕のソロでのライブ

IMG_7442.JPG

そして、そして

数年前に音太小屋で一緒に演奏していた

「ヴィダル カナ」

が遊びに来ていたので、捕まえて一曲演奏しました

IMG_7433.JPG

2009年以来歌を歌っていないと言っていたけど

どうして、どうして・・・

僕が思う「歌うまいランキング」上位に食い込む天賦の才能で

なんなくドリカムの「何度でも」を歌ってました。

また、機会があれば是非ユニットをやりたい素晴らしい歌声でした。

ライブ終演後は、常連の「前川さん」と「哲さん」の

「生前葬」というシュールな絵図で終了

IMG_7472.JPG

音太小屋の10年がギッシリ詰まった素晴らしいライブでした!

これからも、僕の「ホーム」として、音太小屋と共に行き続けようと思いました

では!

IMG_7454.JPG

STAY METAL!

posted by Chu-ta at 20:05| 大阪 | Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月28日

2015.03.27 音太小屋「ネタカフェ」レポ

昨日は毎度おなじみ

天六「音太小屋」

1階で毎週金曜に開催されている

オープンマイク「ネタカフェ」

に参加してきましたパンチ

久しぶりに我が愛器

「Gibson J-50(60's)」
「L.R.Baggs M1」+「ART Tube MP」


IMG_7381.JPG

にて演奏しました手(チョキ)

まず最初に思ったのが

最近メッキリ「Yairi RF」(Martin OMタイプ)ばっかりしか
弾いていないので、J-50みたいなドレッドタイプのギターは

「デカイ!」ふらふら

僕は「チビ助」だけに、ジャンボボディのギターは
レコーディングだと問題ないんですが、いざライブだと
扱いずらいです・・・もうやだ〜(悲しい顔)

後、昨日はプリの「Tube MP」の状態がすこぶる悪く
弾いてたら「音が歪む」現象が発生がく〜(落胆した顔)

と、いうか真空管が不安定だと思うんやけど
ゲイン(音量)が安定していなくて、弾いてると途中から
ゲインが上がって音が歪んでしまって、なんだかでした・・・

昨日は、明日(29日)に音太小屋2階で開催される

「哲(天満の哲)さん」

「レコ発ライブ」に僕も参加(レコーディングにも参加)するため

久しぶりに「哲+Chu-ta」でリハも兼ねて、やりました!!

IMG_7382.JPG

IMG_7383.JPG

哲さんは「独特のリズム感」なので、なるべく哲さんに寄せた弾き方を
しつつ、僕のリズムと合わせた科学反応を楽しみました。

明日も楽しみだぁわーい(嬉しい顔)

もちろん、ホストの「kafuさん」の演奏や
僕のソロでの演奏もやりつつ、非常に「ゆる〜い空気」の一日でした。

IMG_7390.JPG

IMG_7397.JPG

これはこれで嫌いではないので楽しかった。

後、昨日はkafuさんが、持ち込んだエフェクター

「ZOOM A2」

ZOOM A2.jpg

をいじくりまわしましたが

相変わらずの「ZOOM」だなぁ〜というか
色々入れ過ぎて、ちょっといじるのに時間がかかりすぎるのと

結局、ほとんどの機能は使わなくなるという
あまりオススメできない代物でした。

kafuさんは、僕は今メインで使っている

「Fishman AURA SPECTRUM DI」

を気に入ってたので

また、次回ネタカフェで使ってもらおうと思います!

では、また明日、良かったら哲さんのライブで逢いましょう!

いろんな人が哲さんと絡むので面白いと思うよ!

STAY METAL!

IMG_7399.JPG

【ライブ情報】

日時:3/29(日)天神橋六丁目「音太小屋(ねたごや)」
開演:14-20時
料金:1000円
出演:哲ちゃんと色々(俺も出るよ)
http://www.eonet.ne.jp/~netagoya/



posted by Chu-ta at 09:03| 大阪 ☁| Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

2015.03.24 「難波屋ライブ」レポ

IMG_7329.JPG

昨年から2年ぶりにオープンマイクの日に限ってだが
現場に復帰して、毎週のように歌を歌っているわけですが、

いざライブとなると、まったくやっていないわけで
そんなこんなで、昨夜は

「西成難波屋」

で約2年ぶりにライブでしたるんるん

「オープンマイク(飛び入り)」と「ブッキングライブ」は気持ちの置き方が180度違う。

「オープンマイク」の場合は「対お客」とはならず
基本的に来ている人全員が「演者」となるので、ほぼ「公開リハ」や
「セッションの場」として僕は使っている。

だけど「ライブ(ブッキングライブ)」は違う
僕(演者)とお客さんでその一瞬でしか描けない「景色」を描く
それが僕にとって「ライブ」である。

そしてライブの主役はいつだって

「お客さん(キミ)」

である


では、レポへ

トップバッターを飾ったのは
「サラリーマンシンガー」

「ムラマツ」

IMG_7324.JPG

愛器は

「YAMAHA FG-140 (70'S)」
と渋いチョイス

IMG_7373.JPG

「サラリーマンネタ」満載のユーモアとシニカルを融合した日常を
切り取った、素敵なステージでしたわーい(嬉しい顔)

基本ロックンロールとソウルをルーツにした感じがトップに相応しいライブでした。

で、2番目は僕

「Chu-ta(チュータ)」

IMG_7327.JPG

IMG_7328.JPG

愛器は、もちろん

「K.Yairi RF-90RB」

IMG_7369.JPG

【セットリスト】

@西新宿の親父の唄
活動復帰後から歌っている長渕のカバーで幕開け
難波屋では、こういう曲が合うんじゃないかと思いチョイスしました

ALike a MOON
東京で最初に結成した「Real Folk Blues」時代に作成し
その後、ソロ、SOULtoneでも演奏している曲
活動再開後からは、オリジナルのアレンジより
バックビートとハーモニカを強調したアレンジにしています

Bkinou,kyou,ashita
大阪に帰ってきてからのソロ時代に作成した現時点では最新曲に近い歌
8ビートのロックに乗せて、一気にトップギアまで上げていきます

Cいつもの店
東京より弾き語りで演奏する「ライブハウス」が少ない大阪
その分演奏させてもらうのが「ライブバー」などの「飲食と一体化したハコ」が多い
それだけにこの「いつもの店」で描かれる「店主と常連」との絆が深く響きます

D愛ノ花
ラストはもちろん「愛ノ花」大阪に帰ってきてからというもの
僕の「代表曲」となっています。

歌を歌うようになって
ライブをやるようになって
お客さんと自分との絆を感じるようになって

やっと描けた、理想的な曲

サビの「愛を歌おうるんるん」で、お客さんと共にシンガロングする際に
描かれる景色は、どんな場所でやっても最高に美しい風景なんです黒ハート

3番目に登場は

「くろべ」

IMG_7346.JPG

愛器は

「Guild (70's)」

IMG_7372.JPG

センチメンタルでちょっとシティーポップを感じる歌で
会場を「暖かい空気」にしてくれました。

途中でハーモニカで飛び入り参加して、くらべさんも喜んでもらいました

やっぱり、ハーモニカ(10hole)って便利な楽器だなぁ〜と痛感

そして、ラスト(トリ)は、もちろん

「哲さん(天満の哲)」

IMG_7363.JPG

IMG_7367.JPG

愛器は僕もレンタルしたことがある

「Martin HD-28」

IMG_7368.JPG

今回全員が意外に「巻き」で演奏したので
難波屋の演奏規制時間(19-21)までかなり時間が余ったので
アンコールを含めて、たっぷり演奏してくれましたるんるん

やっぱり哲さんの描く歌は「唯一無二」で素晴らしい。

ちょっと「辛口」で
ちょっと「優しく」て
ちょっと「日常」で
ちょっと「非日常」で

こんな風に歳を重ねれてたらと思わせてくれる素晴らしいと思うシンガーです

29日は、音太小屋で開催される「レコ発ライブ」に
急遽、僕も参加するよexclamation

以上!

難波屋は他のハコにはない独特の雰囲気で
やっぱり良いですね。

今回難を言えば、モニター(コロガシ)が
マイクの前になったためハウリングが起きやすい状態になり
「6弦」がどうしてもならせない状態だったので
ギターを弾くのに神経を使ってしまった事位です

次のライブからはモニターをサイドに移動してもらうようにしてもらいます。

やっぱ、普段参加しているオープンマイクとブッキングライブは
心意気も気合も緊張も全然違うため、全力でお客さんとぶつかりました。

そこで僕から見える景色は、キミが作ってくれた素晴らしい景色であり
僕だけが独占できる、素敵な風景なんです。

この景色を描いてくれるお客さんに、どれだけ毎回感謝すればいいのか解らない

これからも僕は歌うよ。

このしわがれた声で

また、遊ぼうぜ

STAY METALIMG_7374.JPG

日時:3/24(火)西成難波屋
開演:19-21時
料金:無し(投げ銭ライブ)
出演:哲ちゃん/Chu-ta/ムラマツ/くろべ
地図はコチラ
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270406/27046610/dtlmap/ 



posted by Chu-ta at 09:26| 大阪 ☀| Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月21日

2015.03.20 音太小屋「ネタカフェ」レポ

先週に続いて昨夜はおなじみ

天六「音太小屋」

1階で毎週金曜に開催されている

オープンマイク「ネタカフェ」

に参加してきましたパンチ

いつも通りに19時に音太小屋に到着すると・・・

サングラスをかけた人とホストの「Kafuさん」が
なにやら話をしている声が・・・

IMG_7290.JPG

まぁ〜とりあえず自分の機材などを出して
セッティングしていると

「Chu-taexclamation

という聞き覚えのある声が

約3年ぶり位に、奈良で活躍しているシンガーの

「YANEURA音楽工房」

と久しぶりの再会わーい(嬉しい顔)

で、セッションるんるん

IMG_7272.JPG

IMG_7274.JPG

「やっぱChu-taのハーモニカはえぇなぁわーい(嬉しい顔)」と上機嫌で
数曲ハーモニカを吹かせてもらって奈良へ帰られました

どうやら、昼位から、かなりお酒を飲んでたみたいで
リズム感がむちゃくちゃだったりしたけど、楽しかった

また今度は「シラフ」の時に遊びましょうね手(チョキ)

で、その後は来週火曜の難波屋でのライブを意識して
練習がてらにオリジナル曲を大目に歌いましたわーい(嬉しい顔)

やっぱりカバーよりオリジナルを歌うと力の入れ方が
違うのでしんどい・・・今日がしんどいふらふら

僕の歌い方は「全身」の力で歌うので
歌い終わった次の日とかは、必ず体が痛くなります。

これは昔からそう

逆に痛くないって事は「歌えてない証明」になるので
自分にとっての、この痛みがバロメーターになってる。

そうこうしていう内に

「京子さん」

が来店

僕にとって「SOUL姉弟」でもある京子さんとの
セッションは、本当にやりがいがあり、楽しい黒ハート

さすがに、セッションに慣れてる人と一緒に演奏すると
本当に思うのは「人の演奏を聞く」という事がヒシヒシ感じます

バンドでもセッションでもなんでもそうだけど
「誰か」と一緒に音楽を作る時に一番大切な事は

「その人の音を感じる事」

です

IMG_7280.JPG

IMG_7278.JPG

互いが互いの音に反応することで生まれる「科学反応」こそが
本当の音楽を生み出します。

カラオケ並に「自分だけのリズム感」で勝手に歌っちゃうタイプの人が
一番やりづらく、一番楽しくない感じになりますふらふら

後、カバーだろうがなんだろうが、その歌の「言葉」に
自身の景色を描けない人の歌は基本的に響かない。

でも、こういう事って練習でどうなることではなくて
多分「生まれた時から持ってる能力」なんだと思います。

京子さんは、その才能に長けている人なので
どんな曲でも「京子節」になり、僕と似たタイプの「歌うたい」と思います。

素晴らしいセッションを終え、
来週火曜の難波屋ライブに向けて体を休めます。

この「体を休める」事も「歌うたい」にとって何気に大切な仕事なのです。

さぁ〜火曜は2年ぶりにライブをします

素敵な景色を僕とキミで作れるように全力で演奏するので
是非、時間を割いてでも、来てくれると嬉しい。

じゃ! STAY MEATL

IMG_7276.JPG

【ライブ情報】

日時:3/24(火)西成難波屋
開演:19-21時
料金:無し(投げ銭ライブ)
出演:哲ちゃん/Chu-ta/ムラマツ/くろべ
地図はコチラ
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270406/27046610/dtlmap/ 


posted by Chu-ta at 08:50| 大阪 ☁| Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月14日

2015.03.13 音太小屋「ネタカフェ」レポ

約1カ月ぶりに昨日は音太小屋1階で毎週金曜におこなれている
オープンマイク(飛び入りライブ)

ネタカフェ

に参加してきました。

IMG_7207.JPG

久しぶりに「機材」を持って音太小屋まで行きましたが
とにかく・・・・

重い!!!ふらふら

・ギター
・ハーモニカセット
・譜面
・シールドやら替え弦やらのセット
・プリアンプ(FISHMAN/AURA SPECTRUM DI)
・ハーモニカホルダー
・ギターストラップ


本当にこれが最低限の「セット」です。

足し算はあっても、もうこれ以上の引き算は無理もうやだ〜(悲しい顔)

まぁ〜慣れてるからいいけどねパンチ

で、昨日は音響およびホストの「kafuさん」と僕だけで
あ〜じゃ、こ〜じゃ、しゃべりながら、歌いながら

IMG_7213.JPG

IMG_7221.JPG

IMG_7220.JPG

IMG_7223.JPG

ライブをやってたんですが・・・・

IMG_7227.JPG



IMG_7225.JPG

?んっ

なんと後半からは
音太小屋のオーナー

「哲さん(天満の哲)」

の今度発売される

「10枚組アルバム!!」

のレコーディングに急遽参加する事になり

そのまま「レコーディング」とあいなりました

もう僕自身も覚えていないんですが
どうやら、昔哲さんに曲を提供したらしく

作詞:哲
作曲:Chu-ta

の曲をレコーディングしました

とはいえ、ほぼ一発録りでのレコーディングなので

1.ボーカル:哲 ギター(ストローク):Chu-ta
2.ハーモニカ:Chu-ta
3.ギター(指アルペジオ):Chu-ta
4.ベース:Chu-ta


とあくまで「有もの」の機材でオーバーダビングをして終了

3/29(日)に音太小屋開催のレコ発ライブにも参加する事が急遽決定しました。

■天神橋六丁目音太小屋(ねたごや)
http://www.eonet.ne.jp/~netagoya/

その後は、今後のネタカフェ、音太小屋のあり方などについて座談会をして終了

やっぱり「音楽が好きな人」と「音楽」を語る時間が
人生で一番幸せな時間です黒ハート

逆にいえば、「それ以外の話」には「ほぼほぼ興味がないがく〜(落胆した顔)」ボクなので

ボクに出会った時は是非「音楽」の話をしましょうexclamation×2

哲さんのアルバムどんな感じになるのか今から楽しみです。

是非3/29(日)お時間がある方は「天満の哲」の生き様を見に
天神橋6丁目「音太小屋(ねたごや)」までお越しやす。

あ!後3/24(火)は"あの"「難波屋」で僕にとって「2年ぶり」
となるライブをやります。

これぞ、「大阪イズム」が満載の難波屋
来たことがない人は、是非、この機会に来て、体感してくれると嬉しい!!

日時:3/24(火)西成難波屋
開演:19-21時
料金:無し(投げ銭ライブ)
出演:哲ちゃん/Chu-ta/ムラマツ/くろべ
地図はコチラ
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270406/27046610/dtlmap/ 


それではみなさん、また来週の音太小屋で!!

IMG_7210.JPG

STAY METAL!!
posted by Chu-ta at 10:12| 大阪 ☔| Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

2015.02.13 音太小屋「ネタカフェ」レポ

DCF_0164.JPG

「これこそ音太小屋の真骨頂!!」

※写真は音太小屋のオーナーの哲さんです

先週金曜はおなじみ音太小屋1階で行われている
オープンマイク(飛び入り)ライブ「ネタカフェ」でしたわーい(嬉しい顔)

朝から「雪降りまっせぇ」とやたら煽っておりましたが
さすがに「晴れ男」の僕だけに、全然大丈夫でした(寒かったけどね)ふらふら

この日は常連の方々はおらず新規で2組の方が来店手(チョキ)

1組は以前「音太小屋音楽祭」に出た男女のデュオで
主に洋楽のカバーを中心に演奏してくれました。

とてもまっすぐな声と、的確なギターテクニックで
安定感があって、聞いていて心地よかったです。

もう一組は、演奏せずに「音楽を聴きに来た」
男女2名でしたが・・・・

音太小屋というハコは「聞きに来た」というだけだと
どうも、問屋が卸さないタイプのハコなので

半強制的に「歌本」を積み上げ、曲を選んでもらって
僕がギターとハーモニカで伴奏をして、女の方には歌ってもらいました

生まれて初めて「生音伴奏」で歌ったとのことで
最初こそ、こちらまで伝わるほど、緊張してましたが
2順目からは、気持ちよく歌ってもらって、サポートしても
やりがいのある仕事ができたと思います。

歌った後に「本当に気持ちよかった」と言われて嬉しかったなぁ黒ハート

僕が音太小屋をホームにするようになってこうしたサポート(伴奏)を
するようになり、かなり「人に合わせる」という事を覚えました。

東京時代の僕を知っている人にしてみりゃ、そりゃさぞかし

「Chu-taも大人になった」と言われる事でしょうがく〜(落胆した顔)

洋楽のカバーをされる方のオリジナル曲では
「あ!これはハーモニカいるなぁ」とギターを凝視してキーを探して
いつものようにいきなり入ったところ・・・・

「キー間違えた・・」

まぁ〜よくあることですわーい(嬉しい顔)

で、すごく喜んでくれたので、再度同じ曲をちゃんとしたキーで演奏しました

「録音しておけばよかったぁ〜もうやだ〜(悲しい顔)」と言われるほど、
僕のハーモニカが入ったバージョンを気に入ってもらえたみたいで良かったです。

今回は、久しぶりに音太小屋のオーナー「哲さん」も来て
いつもの通り、オンリーワンな世界を披露してくれましたよ。

やっぱ哲さんがいると、音太小屋は締まりますなぁ〜さすが!!

僕は久しぶりにオリジナル曲を中心にやりましたよ

1.いつもの店
2.雪解け前
3.灰色の水曜日(ARB)
4.西新宿の親父の唄(長渕)
5.カラス(長渕)
6.MURDER GAME (ARB)
7.愛ノ花

かな?

ラストの愛ノ花は久しぶりに音太小屋でやりましたが
やはり、この曲、どこでどんな人の前でやっても
素晴らしいコーラスと素晴らしい笑顔の景色が広がります

まさに自画自賛の1曲ですなぁ〜

新規に人達も「また絶対に来ます」と約束してくれたので
これからの音太小屋がまた楽しみです。

楽器ができない人で「音楽が好き」な人も是非金曜のネタカフェに
来てくださいね。僕がいる時はバッチリサポートしますから是非おこしやす!

天神橋六丁目音太小屋
http://www.eonet.ne.jp/~netagoya/



posted by Chu-ta at 11:14| 大阪 ☀| Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

2/6 西天満「D45」オープンマイク レポ

先週金曜日は、西天満にある

「D45」

というお店の
オープンマイク(飛び入り)に初参戦してまいりました。

URL: http://d45.biz/

店名にある「D45」はマスターが所有しているあの
Martin(マーチン)の最高機種

「Martin D-45」

からきているとの事

そして、言えばその名器を気兼ねなく弾かせてくれるとのこと

それだけの理由で、僕の永遠の相棒

「Gibson J-50 (60's)」
をピックアップを外して持っていきました

B6qMSC4CMAAt3SL.jpg

※J-50の紹介記事はこちら
http://chuta-blues-blog.seesaa.net/article/91572611.html

場所が家からだとチャリの方が行きやすそうだったので
チャリで行ってお店についたのが19時チョイ過ぎ

初めて行くお店ってやっぱり緊張します・・・ふらふら

お店につくとまだ、始まっていないらしく
常連さんらしき人が2名程、ギターを弾いてました。

お店の方に自己紹介をして、早速チューニングやらをして
まだ、人が少ないので、早速「D45」を弾かせてもらいました

所有している「D-45」は比較的最近(90年代)のものらしく
弾いた感想としては・・・・

「あまり好みではない・・・もうやだ〜(悲しい顔)

音太小屋の哲さんが所有する「HD-28」が自分の「理想」になっているためか
ちょっと「鉄っぽい音」がする「D-45」はなんとなく国産のギターぽい感じが
しました。

※哲さんのHD-28の紹介記事はこちら
http://chuta-blues-blog.seesaa.net/article/158695775.html

まぁ〜実際生ギターの場合って「弾いている人」が聞く音と
実際に誰かが「弾いている音」を聞くのでは全然違うし
レコーディングでマイクに乗って聞く音も違うから、本当の音は

「所有している人が弾く音を聞かせてもらう」

が一番正しいんやと思います
(実際に所有している人が一番そのギターの鳴らし方を知ってるはずやから)

で、なんだかんだとオープンマイクが始まる時間になったら
お店にドンドン人が入ってきました。

なんだか昔の音太小屋の飛び入りの日みたいで「すごいなぁ〜がく〜(落胆した顔)」と思った

とりあえず、1順目から先に来ていた2名の方が演奏して僕の番です。

久しぶりにラインではなく、生(マイク)でやるライブは結構新鮮でしたが
ラインで慣れているので、「どの程度音」が返っているのかまったく解らないのと
ピッキングの「強弱」がどうしてもマイクだと出せないので、強くなってしまいました。

1.ぬくもり (リクオ)
2.Don't Cry My Love (長渕)
3.ヨイトマケの歌

を歌いましたるんるん

いくら20何年色んな場所でライブをやっているとは言え
いくら全員が演者であるオープンマイクとは言え

初めての場所は、緊張するモノです

特に「出音」がよく解らないハコと、
どんな音を作るPAさんなのか解らないハコは不安でしょうがないです。

歌が始まれば、スイッチが入っていつも「Chu-ta」にある程度なれるんですが
この日は、イマイチ「乗り切れない状態」が結局最後まで続きました・・もうやだ〜(悲しい顔)

自分の演奏が終わり常連の方々と色々とお話しをしながら時間が過ぎていくと
以前音太小屋でお世話になった方と再会したり、近況を話したりしている内に

僕が「ハーモニカ吹き」である事から案の定、他の演者の方の歌に「ハーモニカサポート」を
お願いされる事が多く、結局音太小屋同様「出まくる」事になりました。

ここで、本当に思う事ある。

「ギター弾き語り」の人で最近本当に「ハーモニカ吹く」人少なすぎちっ(怒った顔)

まぁ〜別に「あえて吹かない人」なら良いんです。

その割に「間奏」みたいな箇所で意味のない「コードストロークだけ」が入る

これが、聞いているほうとしてはもの凄いイヤなんですふらふら

せめて

「ハンマリング入れて間奏っぽくする」

とか

「声でソロっぽいファイク入れるとか」

するなら良いんです

ただのサビとかのコード12小節

(ギター以外無し)

何これ?歌の休憩?

人のカバーをする際に実際にギターソロが入っていたり
ハーモニカソロが入っている場所をその小節数でコード弾きのみ

何これ?ボクの頭では何のソロも聞こえませんけど?

知っている人は知っていると思うけど
ボクが使っているような

「10ホールズハーモニカ」

の場合

IMG_7072.JPG

「1キー(Key)」につき「1個」が基本です。

「KeyがA」なら「ハーモニカもA」
「KeyがC」なら「ハーモニカもC」

これが「1stポジション」です。

ブルース(Blues)やソウル(Soul)でよく使われるのは「2ndポジション」ってやつで
4度上の音を使いって、「吹く」ではなく主に「吸い」ます

「KeyがA」なら「ハーモニカはD」
「KeyがC」なら「ハーモニカはF」

僕はこの1stと2ndを曲によって使い分けてますが

1stの場合は特に曲が転調しない限り

「吹いて」も「吸って」も「どんなフレーズ」でも

「音は外れません」

極論から言えば

「どう吹いてもそれらしく聞こえます」

なので、可能であれば、ギターストロークだけの間奏はやめて
「ハーモニカ吹き」がもっと増えればいいなぁ〜と切に願います手(チョキ)

そんな事を思いながら、2順目に入ったのが0時前でした・・・・

1.西新宿の親父の唄
2.愛ノ花

通常オープンマイクではオリジナルの曲は極力やらないようにしているんですが
最後に名刺代わりに愛ノ花をやりました。

時間も時間で人も結構返ってしまいましたが、
この日も「D45」というお店に素敵な「愛ノ花」が咲いたと思います

素敵な笑顔
素敵なコーラス
素敵な景色

いつこの曲をやっても僕から見える景色は、僕だけが独占できる素敵な景色です

また、時間があればいくよ黒ハート

あんがと!!

追記:
僕はチャリだったから遅くまでいれたけど
ほとんどの人は1順(3曲)で帰っていかれました
人が多いときは、2曲(もしくは1曲)回しで
沢山の方が歌える方がオープンマイクは楽しいと思います。

posted by Chu-ta at 09:30| 大阪 ☔| Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

01/16 音太小屋「ネタカフェ」

B7evoL3CYAEiG_C.jpg

先月から2年ぶりに毎週金曜日は
音太小屋の飛び入り「ネタカフェ」に通っている。

年明け一発目は次の日がBABYMETALのSSAだったのでお休みして
昨日が今年一発目のネタカフェとなりましたるんるん

音太小屋は普段1階が「ネタカフェ」
2階は「ブッキングライブ」や「演劇/落語」なんかに使うんやが
昨日は急遽2階でのネタカフェ開催となりました。

何も知らずにいつも通りに1階に行くと人が多いので

「おぉ〜今日は人が多いなぁ〜!」と思っていたら
「あれ?哲さんが歌ってる?」

で、2階にあがったら音響の「kafuさん(カフ)」が
セッティングしていて、「今日は2階でやるでぇ」と言う事でした

どうやら、ブッキングのメンバーの中に足の不自由な方がいるので
2階へあがる急な階段とかがキツいらしい・・・ふらふら

まぁ〜そうこうしている間に僕も自分のセッティングをすませて
いざ、ライブへ手(グー)

なぜか昨日は「長渕剛しばり」のメニューで歌いました(2〜3曲まわし)

・カラス
・愛してるのに
・冷たい外国人
・Don't Cry My Love
・HOLD YOUR LAST CHANCE
・西新宿の親父の唄

あと、ヨイトマケの歌も、もちろん歌いましたるんるん

で、昨夜は「京子さん」「ゆうこさん(ドリー)」も来ていたので
ほとんど、"出ずっぱり"で、自分が歌う以外に「ギターでの伴奏+コーラス」での参加

途中から参加された「ヤスさん」も長渕が好きらしくて
ラストで歌われた「しゃぼん玉」と「おいらの家まで」ではハープで参加しました

2年ぶりに、音太小屋の2階で歌っておもったが

「やっぱ、ここ音良いなぁ〜わーい(嬉しい顔)

外から見ると普通の民家みたいに見える木造の建物なのに
とにかく音が良いんですexclamation

これは最初に音太小屋に通うようになってから変わってません。

逆に「ライブバー」や他の「ライブハウス」でやると

「音悪いなぁ〜がく〜(落胆した顔)」としか思えなくなるのが問題です・・・

後、やっぱりこうして「音楽」とベッタリ過ごし
「音楽」についてのみ話す時間っていうのが、とにかく居心地が良い

自分が"ここ"にいて良いんだなぁ〜って思えることと
自分が"歌うたい"で本当に良かったと思える瞬間をしみじみ噛みしめていました。

来週1/23(金)は音太小屋2階のブッキングライブにて
ゆうこさん(ドリー)のギター伴奏+コーラスとして参加します。

もちろん1曲ですが、しっかり歌わせてもらいます。

是非お時間がある人は、来ていただけると嬉しいです。

あ!自分の出演が終わったら1階のネタカフェにいるので
そちらでは、またしっかり歌い、弾き、吹きたいと思います。

まぁ〜そんなこんなで今年もよろしくな音太小屋!

■天満天六 音太小屋
http://www.eonet.ne.jp/~netagoya/


posted by Chu-ta at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

31日のライブをもって・・・

IMG_2877.JPG


来週31日は、ミナミのBARロージーでライブをします。

日時:3/31(土) 20:00〜 Start
場所:BAR ロージー
URL: http://profile.ameba.jp/bar-rosy/

出演
Chu-ta
フォーゲットノットブルー
シャンプー
島田勝正

で、このライブをもって当面の間
ライブ活動を休止することにしました。

と、いうのもこの間までライブ活動をしながら
レコーディングをしていて思ったんだが、

「ライブ」と「レコーディング」って
どうやら、平行してできないみたいです・・・

僕の場合、レコーディングは
「アレンジ」から「打ち込み、各楽器演奏」
「ミックス」「マスタリング」まで、宅録で完結させるので

その分、演奏して終わりではなくて
録音後に何百回と、同じ小節を繰り返し聞いたり、
重箱の隅をつつく作業が延々と繰り返し、
その作業の方が時間がかかります。

エンジニアさん任せにするのではないので
かなり疲れる作業ですが、その分
本当に自分の理想通りの絵が描けるの
この作業は本当に楽しいです。

ミックス作業をしている時は
脳が完全に「エンジニア目線」になるんですが
間にライブが入ると、ミュージシャンモードとの
切り替えが、本当にできなくなってしまい

演者目線でミックスしてしまいます。

なのでとりあえず31日のライブ後からは
完全レコーディングモードに切り替えるため
ライブ活動は、お休みします。

いつまで休むのかとかも、特に決めずに
ここでジックリと自分の作品と向き合おうと思います。

ですので、ライブ休止前のラストライブ
よかったら遊びに来てくださいね!

posted by Chu-ta at 13:41| 大阪 ☁| Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

2012.02.12 菅北くるくる祭りin音太小屋


セットリスト
#01:オリオン[orion]
#02:Road to SONGS
#03:金色のこの街
#04:いつもの店
#05:愛ノ花

Guitar:K.Yairi RF-90RB
D.I:FISHMAN AURA SPECTRUM DI

でした。

今年初の音太小屋2階ライブ。
やっぱりこのハコが出す音の安定さは
いつやっても安心します

「FISHMAN AURA SPECTRUM DI」のモデリングは
最近は「martin OM-21」のみを使ってます。
この音が今のところ一番気に入っていて
非常に「ピエゾっぽくない」音に変換してくれています。

音太小屋は不思議を中低音がスーと抜けてくれるので
本当に演奏していても気持ちが良いです。
プロの人達がこの音に関心するのも解る気がします。

他のハコだとちょっと聞きづらいアコギ特有の中域も
溜まらずに出せるので、SPECTRUM DIのEQもほぼフラットでやれます。

しかし、何年たってもMCってダメねぇ〜
最近は極力話さないようにライブをやってますが
そんなにストイックにライブをやっても何なので
MCを入れても、大体空廻りしておわります・・・・

いやはや、昔っからMC苦手です
だからと言って「次の曲は・・・」とか言って
歌の景色を限定するのが本当に嫌いなので
極力避けるようにしてます。

そんなこんなでしたが、昨日も素敵な景色が見れました
ラストは音太小屋と皆さんの心に「愛ノ花」が咲いてくれていれば
嬉しいです。いっつもあんがと!

次回は28日、おなじみ西成「難波屋」ライブです。
ここでしか見れない景色、ここでしか奏でられない音は
確かに存在します。そして、毎回勉強になります。

是非来た事がない方は一度遊びに来てくださいね!

==========================

難波屋ライブ

19:00-19:20 こいしょうゆ
19:25-19:45 トモヤ
19:50-20:10 Chu-ta
20:15-20:35 はしもとりえ
20:40-21:00 アーダコーダ

入場無料(飲食別)

URL:http://bit.ly/hN6aO2

posted by Chu-ta at 18:22| 大阪 ☔| Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

2011年

001.jpg

002.jpg

色々ありましたが
昨日の音太小屋飛び入りで無事に
今年の音楽活動が終了しましたるんるん

昨日は久しぶりに「Kalamazoo+Sunrise」で
備え付けのアンプで鳴らしました。

これはこれで好きなセットなので
楽しかったですわーい(嬉しい顔)

今年はマンスリーで出演させてもらった難波屋
もちろんホーム音太小屋を中心に
色んな場所で歌わせてもらえて、音楽活動としては良い一年でした黒ハート

でも今年は震災などがあり、多くの悲しみを感じた
忘れられない一年になり、
その想いは新曲「灯り」に引き継がれましたるんるん



DAW環境もかなり慣れてきたけど
まだまだマイクを含めた「ハード面」が何も無いので
この辺を来年は強化していこうと思いますパンチ

とにかく今年も色んな出会いがあり
音楽を通じていろんな景色を見せてもらいました。
ありがとうという言葉しか言えませんが
いつも、いつもありがとですもうやだ〜(悲しい顔)

また来年もよろしゅうお願いします手(チョキ)

今年ラスト、そして来年も、愛ノ花が沢山咲き乱れますように心から祈ってます。

posted by Chu-ta at 08:27| 大阪 ☀| Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

さぁ〜ライブやでぇ!

IMG_2755.JPG

今週末日曜と
来週火曜はライブです。

「十三HEAVEN'S CAFE」には
初出演です。是非是非!
応援に来てくださいぃぃ
お願いします。

そして、おなじみ難波屋では
他では絶対に見れない景色が
きっと見れますよ。


-Chu-ta's Blues Live 2011-

10/23(日)マムシヘブンズライブ
十三HEAVEN'S CAFE
17:30〜21:30 1000円(1ドリンク付)

URL:http://blog.livedoor.jp/heaven_s_cafe_hp/


出演者多数!色んなジャンルのライブが見れまっせぇ

==================================

10/25(火)難波屋ライブ
西成難波屋
19-21 無料(飲食別)
※Chu-taは20:30〜出演予定

URL:http://bit.ly/hN6aO2


posted by Chu-ta at 18:55| 大阪 ☀| Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月14日

ネタブン動画!



「2011-10-09 音太小屋文化祭  ヨイトマケの唄」

こないだの音太小屋文化祭
通称ネタブンライブの動画を
アップしてもらいましたので
よかったら見てください手(チョキ)

Guiter:K.yairi RF-90
D.I:FISHMAN AURA SPECTRUM DI

モデリングは「Martin D-18」を使いました。
posted by Chu-ta at 19:14| 大阪 ☔| Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

明日はライブ!そのために!

IMG_2967.JPG


明日は年に一度の

「音太小屋文化祭」

です!

URL:http://www.eonet.ne.jp/~netagoya/

いやはや今年も
おもいっきりお世話になりっぱなしの
ホーム天神橋六丁目「音太小屋」

感謝の気持ちを込めて
明日は歌いますよるんるん

16時から21時まで
豪華出演陣が目白押しでございますよわーい(嬉しい顔)

音太小屋に来た事が無い方も
ちょっと足が遠のいている皆さんも
是非、一度起こしやすexclamation×2

ライブのために
明日のギター「K.Yairi RF-90」
ピカピカに磨いて弦を交換するたねに
乾かし中でございまするんるん

IMG_3132.JPG


交換弦はエリクサーから
Martinのコーティング弦「MSP6100」
してみます手(チョキ)

IMG_3133.JPG

なんとなくYairiにエリクサーの音が
マッチしないので、色々試行錯誤しなくては・・・ふらふら

明日も秋晴れの気持ち良い日になるらしいので
是非!是非!遊びに来てくださいね。


-Chu-ta's Blues Live 2011-

10/9(日)音太小屋文化祭
天神橋六丁目音太小屋 
16-21 1000円(1ドリンク付)

※Chu-taは18:30〜出演予定 [1階]
※その後「つる」「京子」「ドリーの
 ギター伴奏もChu-taがやりまっせぇ [1階]


URL:http://www.eonet.ne.jp/~netagoya/

IMG_3076.JPG

我が家のニャンズもやる気マンマンです!
posted by Chu-ta at 16:03| 大阪 ☀| Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

0831 西成難波屋Live そして9月!!


01:愛しい人へ
02:Warning〜警告〜
03:いつもの店
04:上を向いて歩こう

8月ラストは、おなじみ西成難波屋でのライブでした。

難波屋さんは、ドヤ街のど真ん中にあるハコなので
音を出せるのが19〜21までが、絶対条件になっています
昨日は、若干「押し気味」だったので、
本来やるはずだった曲を省いて、21時前にキッチリ終わりました。

「音太小屋」と「難波屋」は、まったく個性が違うハコなので
選曲も、まったく変えます。

「音を伝える」のに非常に適しているのが「音太小屋」
「言葉を伝える」のに適しているのが「難波屋」だと思います。

難波屋でのライブの時は、自分が持っている「POPさ」を
極力排除して、「言葉中心」で選曲します。
実際に音よりも言葉が響くハコなので、
中途半端な気持ちで臨んだり、上手くやろうなんて
手先のテクニックみたいな感じのライブをやると
本当に誰も聞いてくれない空気に完全に包まれます。

久しぶりに演奏した「いつもの店」
なかなか良い感じで受け入れられたみたいで良かったです。

最後は、お客さん、競演者と、「上を向いて歩こう」
良い顔、良い景色、良い歌が、僕の心にも響きましたよ!


そして、そして、9月もライブが目白押しです

9/3(土)天六ろくでもライブ
天神橋六丁目「住まいの公開空地」
ストリートライブ13-16 無料
http://bit.ly/qYs24v

9/10(土)なに輪祭 天王寺公園ライブ
音太小屋バンドとして12:25-12:55出演
http://bit.ly/rp9ySZ

9/24(土)フェルプレゼンツ
「スワロアコースティックギターライブ」
北堀江 スワロウテイル 19:00〜 無料
http://pancafeswallowtail.web.fc2.com/

9/27(火)難波屋ライブ
19-21 無料 http://bit.ly/hN6aO2

色んなライブに誘っていただき
本当にありがたい事です。

来月も、素敵な景色を皆さんと描けるように
行ける所まで行きたいと思います。
応援よろしくです。
posted by Chu-ta at 08:15| 大阪 ☁| Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

0827 音太小屋

IMG_2967.JPG

IMG_2974.JPG

なんやかんやで終わりましたるんるん

01:灯り
02:無情の雨
03:仕事さがし
04:kinou,kyou,ashita
05:愛ノ花
06:上を向いて歩こう

朝から大阪は豪雨に襲われ
音太小屋に着くまでにびしょ濡れかなと
思ってましたが、無事について良かったわーい(嬉しい顔)

さすがに晴れ男です晴れ

で、とりあえずサウンドチェックをした所で
大ハプニング発生・・・・ふらふら

最近メインで使っているプリアンプ兼D.I

IMG_2776.JPG

「ART TUBE MP STUDIO V3」

なのですが、接続してもまったく音がでない・・・がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

exclamation&questionと思い、直接音太小屋備え付けのD.Iにギターから
直接出した所、問題なく音がでるのでピックアップじゃない
で、D.Iを疑い、色々と接続してみましたがダメもうやだ〜(悲しい顔)

とりあえず音太小屋備え付けのD.Iに直接繋いで
なんとかライブはできましたが、もちろんいつも手元にあるはずの
物がないので、自分では何もコントロールできず
結構大変でしたが、そこはホーム音太小屋だけに音は大丈夫!

いい音でJ-50が鳴り響き、最後はお客さん、出演者も全員で
上を向いて歩こうを歌いましたるんるん

3.11以降、上を向いて歩こうを歌おうと思う機会が増えましたが
本当にこの曲って名曲ですねぇ

いつか、こんな風に沢山の人に歌い継がれるように曲が書けるように
なりたいモンだなぁ

終演後、見に来てくれた京子さんとセッションしました

IMG_2990.JPG

追伸:
家に帰って前に挿していた真空管に戻したら音出ました。
原因はこないだ交換した真空管が壊れたみたいです。
真空管は個体差が激しいのでよくある事らしいです
まぁ〜よかった。


posted by Chu-ta at 11:44| 大阪 ☀| Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

0710 伊丹ALWAYS


01.彼女の・・・
02.kinou,kyou,ashita
03.灯り
04.愛ノ花

Guitar:Gibson J-50(60's)
D.I:ART TUBE MP STUDIO V3

初めてのハコ
初めてのお客さん

ライブが始める瞬間いつでもだけど
足が震える位緊張する

いつでも始まる前は
「早く終わらないかなぁ」って思ってしまう

いつでも終わる前は
「もっと歌っていたい」と感じる

ボクの言葉は通じるのか
ボクの音は届くのか
お客さんは楽しんでくれるだろうか

いつだって不安でいっぱいだ

どの位「音楽」を通じて
心が「繋がった」のか
それは、ボクには解らない

でも、ボクが感じた昨日の感触は
「良いグルーヴだった」

J-50+M1からART TUBE MP STUDIO V3
へのコンビは、本当にハコを選ばず
ある程度納得できる音を届けてくれるので
安心できる。

昨日は都合で全部のアーティスト(全13組)を
見る事が出来なかったけど、どのアーティストも
しっかり自分の「景色」を持っていて
素敵な歌うたいでした。

主催の「マイク」のライブでも
ハーモニカで一曲参加(ハープマイク"黒コショウ"使用)
しました。

また、機会があれば、出れれば良いなぁ

しっかり伊丹にも咲いた
「愛ノ花」を見れました。

あんがと!
posted by Chu-ta at 08:13| 大阪 ☀| Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

0628 西成難波屋ライブ

01.黒の舟歌
02.金色のこの街
03.彼女の・・・
04.kinou,kyou,ashita
05.灯り(short ver)
06.上を向いて歩こう

Guitar:Gibson J-50(60's)
D.I:ART Tube MP Studio V3

でした。

J50.jpg

IMG_2776.JPG

昨日は、トップの「YANEURA音楽工房」の
ブルースハープでも参加させてもらいました

3回目となるサポートだけに
大分二人でしか出せないグルーヴが出てきたような
気がしましたるんるん

ARBのカバー「Heavy Days」が心に染みましたもうやだ〜(悲しい顔)

その後に登場した「アーダコーダ」は
ゆうちゃんの新兵器「Yairiのエレアコ」を
入れて2曲、高野さんの「さだまさし」
そしてキラーチューン?「猫が泣いてる」まで
独特の世界観がしっかりと難波屋で響き

次の「哲さん」のユニット「かま哲っちゃん
ではエフェクトを駆使した「ノコギリ」がいい味を
出してましたわーい(嬉しい顔)

トリを取らせてもらったボクのライブですが
本当に今の「J-50+Tube MP」とのセットの音が
気持ちよく、Gibsonらしい音像をしっかりと
出してくれているおかげで、歌にも集中できました手(チョキ)

最後に来てくれた人達と一緒に「上を向いて歩こう」を
歌い、いつも歌う「愛ノ花」とは違う暖かい景色と歌声で
難波屋が包まれた、素敵なライブでした黒ハート

難波屋も、ステージらしいステージがあるわけでもなく
非常に狭い場所で演奏をする感じなんですが
何故か、音がすばらしくレンジが広く
何故か、いつでも素晴らしいライブができるんです。
不思議です・・・・がく〜(落胆した顔)

来月は7/10に、マイク主催のイベントで
伊丹ALWAYSでライブ
そして7/19は、再び難波屋でのライブと
めずらしく月に2回もライブがありますわーい(嬉しい顔)

何百回ライブをやっても思う事ですが
ライブの主役は「お客さん」であり
ボクとお客さんの心が繋がって描く景色は
けっして映像では、感じれないモノなんです。

だから、ボクはキミの事が大好きで
だから、ボクは歌う事が大好きなんだと思う黒ハート

posted by Chu-ta at 08:18| 大阪 ☀| Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。