2012年01月20日

JUN SKY WALKER(S) B(S)T

ついに届いたぁぁぁぁもうやだ〜(悲しい顔)

期間限定の復活をしたジュンスカこと

「JUN SKY WALkER(S)」

が今度は期間関係なく完全復活しました!!

http://junskywalkers.jp/home/

復活一発目として全曲新録のベスト
タイトルもそのまんま

B(S)T.jpg

「B(S)T」
http://amzn.to/x6Ssuz

が18日に発売され、本日我が家に届いてしまいましたわーい(嬉しい顔)

収録曲は

1. 歩いていこう
2. JACK & BETTY
3. すてきな夜空
4. 風見鶏
5. いつもここにいるよ
6. ひとつ抱きしめて
7. メロディー
8. 声がなくなるまで
9. 休みの日
10. 青春
11. START
12. 僕と勇気とありふれたLove Song
13. PARADE
14. HEAVY DRINKER
15. 全部このままで
16. MY GENERATION
17. 白いクリスマス
18. シンフォニー

呼人時代(トイズ時代)の曲のみで構成されたベスト

僕にとってジュンスカは他のどのバンドとも違い
本当に「特別なバンド」です。

元々自分の音楽人生がジュンスカのコピバンから始まり
高校3年間は、それこそジュンスカまみれでした。

「全部このままで」から「START」までのアルバムは
本当にどれくらい聞いたか解らない位聞いたなぁ
(当時はテープにダビングしてウォークマンで)

1曲目の「歩いていこう」が鳴った瞬間
オリジナル盤発売からこのB(S)Tまでの間の
録音技術の進歩をまず感じました。

オリジナル盤に比べとにかくラウドになった
森純太のギター、呼人のベース、小林君のドラム

そして、宮田和弥の「歌」

とにかく、かっこ良いるんるん
他の言葉が要らない位かっこ良い!

アレンジはほとんど当時のままにしてありますが
間違いなく「今」のジュンスカを感じれます。

純粋に音楽だけの勝負ではCDが売れなくなった時代
その気になればインターネットから何でもダウンロードできる時代に

CDというメディアを購入する意味が問われてきているような気がします。

でも、このアルバムは本当に買ってもらいたいと思えるアルバムです
ジュンスカが「青春」だった全ての人も
ジュンスカってなんですか?っていう全ての人におすすめします。

しかし、こうして聞いていると本当に名曲が多いですねぇ

そして、このB(S)Tを引っ提げてのツアー"B(S)T"〜完全復活があります
もちろん、2/25のZEPP OSAKAには参戦しますよ!

4月には新曲のアルバムもあるとか
本当に嬉しいなぁ〜

今年は良い年になるなこりゃ!

ラストに期間限定復活だった時のシングル「青春」を聞いてください!

KEEP ON ROCK'N おかえり!ジュンスカ黒ハート




posted by Chu-ta at 19:21| 大阪 ☁| Comment(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

【HR/HM】Amaranthe

スウェーデンから
すげぇ〜バンドがデビューしましたるんるん

マジ「ツボ」ですわーい(嬉しい顔)

なんとヴォーカルが3人

男女のハイトーンと
スクリーム/デス担当の男性
(しかもモデル並に美人黒ハート

そして2バスのドラムと
テクニカルなギター

しかも曲が何気にキャッチー手(グー)

デビューアルバム

Amaranthe.jpg

「Amaranthe」


かなり、オススメです。
これは売れるんじゃないexclamation&question



上の記事とは関係ありませんが
ライブ告知おば・・・・

================================
Chu-ta's Blues Live 2011 〜灯り〜

4/19(火)
音太小屋Presents
難波屋ライブ
19:00-21:00
つるさん/あさやんバンド/Chu-ta/ビソー/天満の哲
http://r.tabelog.com/osaka/A2704/A270406/27046610/dtlmap/

4/23(土)
音太小屋ブッキングライブ
19:30〜 参加費1000円1dt付
BellydancerJUN/Chu-ta/Magnolia/グラたま/VO/GO
http://www.eonet.ne.jp/~netagoya/

5/7(土)
難波BARロージー
VO/GOのスペシャルデー
Open 19:30 Start 20:00
月歩理奈/Chu-ta/VO/GO
http://profile.ameba.jp/bar-rosy/

posted by Chu-ta at 18:27| 大阪 | Comment(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

時がいくら過ぎても

色あせなず変わらない名盤があります。
僕にとって永遠の名盤と呼ばれる名盤はコレ!

GO FUNK.jpg


米米クラブ
「GO FUNK」


1988年発売の米米の4枚目のアルバムです。

01.introduction
02.美熱少年 
03.KOME KOME WAR
04.SEXY POWER
05.BEE BE BEAT
06.あ! あぶない!
07.OH! 米 GOD!
08.TIME STOP
09.なんですか これは
10.FLANKIE, GET AWAY!
11.僕らのスーパーヒーロー
12.いつのまにか
13.宴(MOONLIGHT MARCH)
14.I'M A SOUL MAN
15.MY SWEET SWEET SHOW TIME

GO FUNK - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/GO_FUNK


JO(ジェームス小野田)のFUNK「美熱少年」で始まり
美しい「MY SWEET SWEET SHOW TIME」で幕を閉じるるんるん

まるで米米のライブを体感しているような
ダイナミックな演奏、素晴らしいアレンジ
笑える曲(後のソーリーミュージック)あり
C.石井の一人アカペラ「いつのまにか」あり
とにかく捨て曲なし手(チョキ)聞き飽きも不思議となしわーい(嬉しい顔)

僕にとっての米米は中学3年位から、解散まで
常に邦楽のバンドで中心にあったバンドでした。
もちろん、現在の復活後のアルバムも素晴らしいですが
なんといってもこのアルバムの時代の米米が大好きだったんです黒ハート

久しぶりにiPodから流れるこのアルバムの素晴らしさに
何気に書いてしまいました。

特にこのアルバムから今でも大好きな曲を2曲紹介しときます。



「Kome Kome Club - I'M A SOUL MAN (Audio Only)」



「BEE BE BEAT」

最高っす!

posted by Chu-ta at 20:18| 大阪 ☁| Comment(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

王道のメタル

現在新曲を作っておりまするんるん

平行してレコーディングもしておりますわーい(嬉しい顔)

と、タイトルと全然関係なかったですねふらふら

基本毎日
タワーレコードとHMVのWEBサイトを
見るんですが、そこで久しぶりに
王道の「メタルバンド」を見つけちゃいましたパンチ

その名は
「Hibria」(ヒブリア)
ブラジルのバンドだそうです。

僕が好きな要素
・2バス
・ハイトーンヴォーカル
・ツインギター
・メタルなメロディー

全てを満たしていますハートたち(複数ハート)

唯一満たしていないのは
ヴォーカルがスキンヘッド・・・・がく〜(落胆した顔)
なんでやねんexclamation×2

現在2枚アルバムが出ているらしいですが
基本、どちらも王道でした。

しかし・・・ドラム脱退してるらしいですもうやだ〜(悲しい顔)
メタルのバンドって1枚毎にヴォーカル変わったり
ギター変わったりする事はよくあるので
別にドウって事はないですが、
やっぱ屋台骨であるドラムは・・・痛いなぁ〜右斜め下

メタル大好物の人に
是非、おすすめですよわーい(嬉しい顔)

メタルさいこうぉぉぉぉぉ〜


posted by Chu-ta at 19:13| 大阪 ☀| Comment(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

シングル「愛ノ花」

Chu-ta_jacket.jpg


カメラマン「Yu_takemoto」による
音太小屋での写真を使わせてもらう事にしましたカメラ

躍動感があり、歌ってる感がある
とっても素敵な写真だと思いますパンチ

今回久しぶりにレコーディングをしてみて

そのギターそのギターが持っている「顔」を
しっかりと刻んでみたいとミックスの時に
心がけましたるんるん

過剰なリバーブ処理や、コンプもほぼかけずに
出来るだけ、「生」に近い状態の音にしたし
音数も今までレコーディングした中で
一番少ないです。

プロの方々が何百万もかけて作るCDに
比べれば、まったく歯が立たないような
軟弱な音でしょうがふらふら

マスタリングしたCDを改めてきくと

「愛ノ花」
「Road to SONGS」


という歌は、音太小屋を含め
沢山のお客さんによって、この何年間のステージに
よって生まれ、育てられた曲なんだと痛感し感謝しましたもうやだ〜(悲しい顔)

できるだけ多くの方の手に渡り聞いていただけると
ありがたいなぁ〜と思うし

CDを通じて、「愛ノ花」が色んな場所で
沢山咲き続けるように願います。

そして、またステージで一緒に歌いましょうるんるん


愛を 歌おう
愛を 歌おう
愛を 歌おう
心に咲くその「小さな夢」に

Sg 「愛ノ花」より


posted by Chu-ta at 10:06| 大阪 ☀| Comment(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

有山じゅんじ

Thinkin' Of You.jpg

「Thinkin' Of You」

あした元気になれ.jpg

「あした元気になれ」


有山じゅんじ」であるるんるん

ある意味

人間国宝」である。

歳をとるごとに
まさに「ギター」も「歌」も
これこそ「自然体」

あぁ〜こんな風に歳を重ねていきたいなぁ

posted by Chu-ta at 20:14| 大阪 ☁| Comment(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

渡辺美里 Song is Beautiful

Song is Beautiful.jpg

デビュー25周年だって

すごいなぁ〜

渡辺美里のシングルベスト
「Song is Beautiful」

デビュー曲から最新曲まで
収録された4枚組exclamation×2

今ではたくさんの
女性ヴォーカリストがいるが

俺にとってのNo.1はいつまでも
「渡辺美里」だろうわーい(嬉しい顔)

あの「遠くに飛ばす声」は
やっぱり凄い黒ハート

包み込むように包容力があり

1つ1つの言葉をハッキリと紡いでいく

素晴らしいなぁ〜るんるん

これが「歌exclamation」っていうモンなんだろうなぁ

何年経っても、美里の声は
「青春」を思い出します

通学の道
中学から高校と、常に渡辺美里の歌は
そばにいたような気がする。

多分10年分位聞いてないと思うので
こんど、聞いたことないアルバムも聞いてみよexclamation

========================================

「Chu-ta's Blues Live 2010」

場所:天神橋六丁目音太小屋

(http://neta58.hp.infoseek.co.jp/)
日時:2010.05.08 (土曜日)
時間:19:00〜
出演:Chu-ta/森本真一郎
   哲/おでんさん
料金:\1000-(1Drink付)]

詳細は
オフィシャルHP「Chu-ta's home」

(http://chuta2005.fc2web.com/)

posted by Chu-ta at 20:21| 大阪 ☁| Comment(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

ブルースへいざなえ!

最近めっきり「1970年代」にハマってしまい
ここ何日か、iPodには

「Neil Young」やら
「CSN&Y」やら
「Greatrful Dead」やら・・・・

しかし、何週間かに一回来る

「BluesHarp」聞きたい病が最近またムクムクグッド(上向き矢印)

しかも、「JJMilteau」が無償に聞きたいわーい(嬉しい顔)

と、2.3日、ずっと聞いてまするんるん

ちゅうのも、最近、昼休み時間がある時に
川っペリに、人があんま来ない良い場所を
見つけたので、BluesHarpを吹きまくっていたら・・・

ん〜、なんかワンパターンやなぁ〜

なんて、思ってしまい

「そうだ!ミルトゥに会いに行こう」と


何気に「パクってます」・・・ハートたち(複数ハート)

しかし、最初に聞いた時から思ったが
この人は、本当にハープが上手い!

しかも、「10ホール」にこだわっているのに
そんなに「Blues、Blues」してないし
POP.ROCK.JAZZ.SOULすべてを「自分の色」に
染めてしまう、センスが素晴らしい!

ハープマイクを使った、バリバリのハープも
好きだけど、最近は、ヴォーカルマイクで
やる時が多いので、そう言う意味でも「ミルトゥ」の
ハープは、参考になります。

最高にファンキーなライブなら
「ライブ、ホットゥン・ブルー」

ライブ、ホットゥン・ブルー.jpg

ソウルでもBluesHarpがデキルンだと痛感させてもらった
「Memphis」

Memphis.jpg

幅広い音楽性で、もっともメロウなBluesHarpなら
「Fragile」

Fragile.jpg


最新アルバムの
「Soul Conversation」もコレマタ良い!

Soul Conversation.jpg

でも、やっぱ一番お勧めは、全編インストの
「Bastille Blues」

Bastille Blues.jpg


もっと、誰が聞いてもすぐに「Chu-taだ!」って
解るくらいBluesHarpの個性もドンドンつけて行こ!!

posted by Chu-ta at 00:30| 大阪 ☔| Comment(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

ピアノ、ピアノ、ピアノ


1月20日についに発売されました

「リクオ」のカバーアルバム

「リクオ&ピアノ」

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%82%AA-%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E/dp/B002UYXOYI/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=music&qid=1264469386&sr=1-1

rikuo&piano.jpg

収録曲は・・・

01. ホーボーへ / おおはた雄一
02. 魚ごっこ / BO GUMBOS
03. アフリカの月/ 西岡恭蔵
04. サヨナラCOLOR / SUPER BUTTER DOG
05. スローなブギにしてくれ / 南佳孝
06. 時の過ぎゆくままに / 沢田研二
07. キャンディー / 原田真二
08. 氷の世界 / 井上陽水
09. 機関車 / 小坂忠
10. やさしさに包まれたなら / 荒井由実
11. 道草節 / ソウル・フラワー・ユニオン
12. 胸が痛いよ / リクオ

早速、iTunesに登録
今回は「Apple ロス」で入れました
理由は、このアルバム
ピアノと歌を「一発録り」で録音していて
音のレンジが広いので、MP3系だと
割れるんです・・・ふらふら

るんるんしかし、良いexclamation×2

元々リクオのライブでカバーって
普通にやっているわけみたいですが

こうして「作品」として聞くと
その類いまれな「オリジナリティー」が本当に良くわかる黒ハート

しかも録音の状態が本当に素晴らしくて
「目の前」で「リクオ」が弾いてくれている錯覚に
とらわれる程です・・素晴らしいわーい(嬉しい顔)



こんなアルバム過去にも聞いた事あったなぁ〜と
思ったら

SUPER FOLK SONG 矢野顕子

http://www.amazon.co.jp/SUPER-FOLK-SONG-%E7%9F%A2%E9%87%8E%E9%A1%95%E5%AD%90/dp/B00005G4FT

super folk song.jpg

これこれexclamation

矢野さんのカバーに関しては
「オリジナル」がなんだか解らないくらいのアレンジをして
「完全矢野節」にしてしまっているんですが

これが、良いんですなぁ〜わーい(嬉しい顔)

今回のリクオのアルバムもそうですが
昨今の「カバーブーム」とは、一味も二味も違って

「その人」がキチンと見えるアルバムになっています

それにしても、俺って「ピアノ」の弾き語りアルバム
よく聞くなぁ

Ben Folds Live

http://www.amazon.co.jp/Ben-Folds-Live/dp/B00006L3QM/ref=sr_1_13?ie=UTF8&s=music&qid=1264469308&sr=1-13

Ben Folds Live.jpg

ちなみにこれも良いでするんるん
バンド時代とまた違って「ナイーヴ」な感じがよく出ていて
しかも、ピアノだけで、このダイナミクスはやっぱすげぇがく〜(落胆した顔)

よくよく考えてみると
「J.T」を自分のルーツとすると

ギターを弾く時の考え方が
「ピアノ的」なのかもしれないなぁ〜わーい(嬉しい顔)

とくにアコギはレンジが広いので
どうしても「ベース」(ピアノだと左)と
「和音」(ピアノだと主に右)を組み合わせて
弾いている気がする(無意識にだけど・・)

で、ピアノに比べて「余計な音」が多い
ギターの場合、その「余計」が良い感じの
「グルーヴ」を作るんだろうなぁハートたち(複数ハート)

ん〜ギターに出会って19年
まだまだ、アコギも含めて
この「いいかげんが楽器」が楽しいッスわーい(嬉しい顔)


posted by Chu-ta at 10:48| 大阪 ☁| Comment(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

2009年、よく聞いたアルバム

今年一年を振り返る意味と
溜まりに溜まった「iTunes」の整理がてら

「今年良く聞いたアルバム・アーティスト」

を整理してみました。


01.Songs Around the World

Songs Around the World.jpg

※とにかく感動!無名から超有名アーティストが一曲の歌を紡ぐ。
素晴らしい作品でした

02.Godley & Creme/Goodbye Blue Sky

Godley & Creme Goodbye Blue Sky.jpg

※全編「ブルースハープだらけ」のアルバム、
しかも「ブルース」では無い所がストライクでした!

03.Jamie Cullum/The Pursuit

Jamie Cullum The Pursuit.jpg

※「ピアノ弾き」の「Jamie Cullum」
「リクオ」にも通じる感じと、素晴らしいアレンジに脱帽

04.Eli 'Paperboy' Reed/Roll With You

Eli 'Paperboy' Reed Roll With You.jpg

※なんやかんやで、今年の「SOUL系」でも、
一番良く聞いた、新しいアルバム早く出ないかなぁ

05.水樹奈々/アルバム,シングル全般[DVD含む]

HYBRID UNIVERSE.jpg

※全然、興味無かった「アニソン」の世界、
しかし、このアーティストに出会い、スゴイ・・に気付いた

06.THE DUST'N'BONEZ/COCKSUCKER BLUES

THE DUST'N'BONEZ COCKSUCKER BLUES.jpg

※やっぱりオイちゃんベース最高!

07.KEMURI/our PMA

KEMURI our PMA.jpg

※元気でます!再結成してもらいたいバンド1位

08.Michael Jackson/アルバム全般[DVD含む]

Michael Jackson this is it.jpg

※.清志郎と良い、悲しかったなぁ〜 まさに伝説になりました。
映画「THIS IS IT」はマジで感動した。

09.UNICORN/シャンブル

UNICORN シャンブル.jpg

※再結成嬉しかったぁ 
しかも、このアルバムのクオリティーがもっと嬉しかった!

10.ファンキーモンキーベイビーズ/アルバム全般

ファンキーモンキーベイビーズ ヒーロー.jpg

※シングル「ヒーロー」は本当に名曲です!
次点で「GAKU-MC」のアルバムも良かった

11.リクオ/シングル,アルバム全般

リクオ.jpg

※まぁ・・・・毎回、脱帽します(汗)
1月発売のカヴァーアルバムも楽しみ!


12.安室奈美恵/PAST < FUTURE

PAST  FUTURE.jpg

※今年も完全にヤラれました・・・最高にカッコ良い

13.聖飢魔II/悪魔 NATIVITY SONGS OF THE SWORD

悪魔 NATIVITY SONGS OF THE SWORD.jpg

※何気にハマりました

14.椎名林檎/三文ゴシップ

三文ゴシップ.jpg

※「言葉」「曲」「声」全てが完璧!
あんまりソロで好きなアルバムないけれど、私的ホームランでした。




今年も「雑食」でした!
しかし、今年は「ジャニ系」で良いのが無かったのが残念!
あと、「ハロプロ関連」は、もうダメだ・・・良い曲が無い!

来年は、久し振りに自分のレコーディングでもしようかなぁ・・・

posted by Chu-ta at 11:29| 大阪 ☁| Comment(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

おかえり!J・ポール!

何気に音楽ニュースを見ていたら
気になるバンドが・・・

メンツは・・・

・ジョン・ポール・ジョーンズ(B)
[レッド・ツェッペリン]

・デイヴ・グロール(Vo/G)
[フー・ファイターズ]

・ジョッシュ・オム(D)
[クィーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ]

による、3ピースバンド

Them Crooked Vultures
(ゼム・クルックド・ヴァルチャーズ)


これは・・・がく〜(落胆した顔)聞かねば

タワーの視聴で1曲目が流れた瞬間るんるん

レジに並ぶボクがいたわーい(嬉しい顔)

なるほど!ジョンポールがシェッペリンの
「再結成」に最後まで抵抗があったのは
このバンドのせいか・・・ふらふら

確かに、良いexclamation×2

リフ物から
ジョンポールの「あの」キーボード裁きもある

とにかく、「あの」ベースが全開だぁぁぁぁパンチ


嬉しいッス黒ハート

楽しいッスハートたち(複数ハート)






ボクがプレイ面で影響を受けたベーシスト

・戸城憲夫(The DUST'N'BONEZ)
・Taiji(ex X)
・八熊慎一(SPARKS GO GO)

そして
・ジョン・ポール・ジョーンズ (Led Zeppelin)

だ!

なので、このバンド、これから目が離せないパンチ

posted by Chu-ta at 11:16| 大阪 ☁| Comment(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

魔法使い「John Popper」



この動画を見つけた時は
本当に感動しましたもうやだ〜(悲しい顔)

かなり前から大ファンでもある
「Blues Traveler」のヴォーカル&ハープである
「John Popper」御大exclamation×2

超が付くほど、速いパッセージで吹くBluesHarp
最初は、何が何だか解りませんでした・・(今もわかりませんが)
何か「魔法」でも使ってるんのかなぁ〜っexclamation&questionて感じた程です


通常ブルース系のハープって2ndポジションで吹く事が
多いんですが、多分この人って1stを上手く使って
「2nd風」に吹いていると思われます。

とにかく、「歌心」満載のフレーズに

「Paul Betterfield」とは違う魅力を非常に感じるし

色々な人のバックで吹いていても
やっぱり「Popper節」が炸裂ですぐに「それexclamation×2」と
解る個性は、「さすが」の一言ですパンチ

(そりゃこんなソロ吹かれたら会場大盛り上がりになるわい!)

オレモガンガロウ



最近はソロ活動もしているみたいで
「DJ」の人と組んだ、このプロジェクトも
相当かっこいいッス!今度CD買いに行こうっと
posted by Chu-ta at 20:02| 大阪 ☁| Comment(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

そこにある「戸城憲夫」

待望の「The DUST'N'BONEZ」(以下ダスボン)の3rdアルバム

「COCKSUCER BLUES」が発売してしまったわけで・・・

COCKSUCKER BLUES.jpg

もう、思いっきり発売前にamazon予約をしてしまう俺がいる

そして、来年大阪のライブのチケットも押さえてしまっている
俺がいる

活動休止中の今のZIGGYには、まったくもって興味もねぇバッド(下向き矢印)

やっぱり「森重」「戸城」このふたりが同じステージに
いて、なんぼやと、今でも思っているしパンチ

どうせなら、ダスボンでも、
ZIGGYの曲を思いっきり演奏してもらいたいるんるん
と思う時はあるが・・・

まぁ〜「あいも変わらず」というか

「戸城節」が全開なアルバムであるexclamation×2

爽快である。これだけ、変わらない人もいないんじゃないかという位

攻めてパンチ、攻めてパンチ、攻めまくりパンチである

森重は、相変わらず、歌マイウ〜やしわーい(嬉しい顔)

もちろん、「英二」「坂下」コンビも、
ますます、かっこいい音を鳴らしている

しかし、戸城のベースは、今回も極悪爆弾であるが

そのリフのセンス、そして、なによりもベースラインのセンスは
聞く人によっては、ジャマじゃねexclamation&questionと思う人も多いかもしれんが
これが、好きな人にとっては、「タマラン黒ハート」ってなるんじゃexclamation×2

まだ、聞きこんでは、いないけれど
個人的には2ndのほうが「POPさ」は多いかもしれんけど
ダスボンならではの、スリルあるロックンロール作品である事は
間違いない!

全開のライブでは前に行き過ぎて、ベースの爆音に耳がやられたので
次回のライブではできるだけ後ろで、全体の音を聞きたいと思います

うお〜なんか、バンドやりたくなるなぁ〜
(もち!ベースで、もち!サンダーバードで)・・・



posted by Chu-ta at 19:54| 大阪 ☔| Comment(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

マイナスターズ最高!&告知


あの「さまぁ〜ず」がライブでやったネタから出て
CDデビューまでしてしまったバンド

「マイナスターズ」の1stアルバム

ネガティブハート.jpg

「ネガティブハート」

出たのは大分前らしいが、最近知ってハマっていますわーい(嬉しい顔)

相当量ツボにハマル歌詞と
しっかりした演奏陣

やっぱり、こういうコミックバンドって本当に
演奏がしっかりしていないと笑えない

しかし、良いなぁ〜黒ハート

とくにオススメは
「心配性」です

初めて聞いた日の夜は、アタマからサビの
「♪カバン パン(パン) カバン パン(パン)」
が離れませんでした・・・・





話し変わりますが・・・

11日の土曜日に「天満音楽祭」の前夜祭みたいな感じで
おなじみ、天六「音太小屋」でライブをやらせてもらいますパンチ
※ちなみに「天満音楽祭」には、俺は、出ません・・・ふらふら

2.30分やりますので
良かったら、見に来てくださ〜い手(チョキ)
posted by Chu-ta at 22:02| 大阪 ☔| Comment(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

ピアノ・マン


「リクオ」
=「ローリングするピアノ」
=「ニューオリンズスタイル」

という事で、
CDラックから、おもむろに

Fats Domino」を出して聞いてみるるんるん

20 Best of Fats Domino.jpg

続きを読む
posted by Chu-ta at 09:20| 大阪 ☁| Comment(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

「What's Love?」 「EARLY YEARS 1990-1995」/リクオ

ついに発売しましたぁ〜exclamation×2 わーい(嬉しい顔)

以前一回ネットで予約したんやけど
どうやらタワーレコードで、
「インストアライブ」があるとかで

アルバム購入した人にそのライブの
参加券をくれるらしいというニュースを見たので

速攻でネット予約をキャンセルして

本日タワーレコードで買いましたぁぁパンチ

参加券も無事にゲットしたぜぇぇひらめき

2年ぶりのオリジナルアルバム

「What's Love?」

DCF_0002.JPG

01.アイノウタ
02.ROW&ROW
03.ムーンライトサンバ
04.ソウル
05.夜の過ごし方 朝の迎え方
06.はかめき
07.すべてを忘れない
08.ハイ&ロウ
09.マウンテンバイク
10.2人のワンダフルワールド
11.君を許して僕を許して
12.くよくよすんなよ


1990-1995年の初期の作品ベスト

「EARLY YEARS 1990-1995」

DCF_0001.JPG

01.本当のこと
02.シャララ
03.時代を変えたい
04.すてきなバランス
05.胸が痛いよ
06.屋上のアコーディオン弾き
07.噂の男
08.君が僕を見てる
09.軽い後悔
10.メリークリスマス(今日でなくてもいいけれど)
11.もう帰れない
12.雨に濡れたい
13.ただの男が歌ってる
14.名前も知らないけれど
15.今日もどろだらけ
16.星を失くした夜空

続きを読む
posted by Chu-ta at 17:02| 大阪 ☁| Comment(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

リクオ予約開始!


最近めっきりお世話になることの多いCD屋さん

「Artist-Direct Shop 405」

https://sv20.wadax.ne.jp/~ads405-jp/index.html

で本日より、リクオのアルバム2枚が
予約できるようになりましたひらめき

一枚は、オリジナルアルバム

「What’s Love?」

what'slove.jpg

視聴で聞いたけど、どの曲もかなりグルーヴィーで
やばそうッスexclamation×2

視聴はこちら
http://www.indiesmusic.com/ItemView.aspx?id=15835

もう一枚は、ベストアルバム

「EARLY YEARS 1990-1995」

best.jpg

収録されているのは、今ではすっかり「廃盤扱い」になっている
シングルばかりという、俺のような「最近ファン」には
本当にうれしいアルバムですわーい(嬉しい顔)

もちろん、どちらも予約済みさぁ
これで発売日に、我が家に届くのさぁ
ネットって本間に便利。


そういえば、来週は、私もライブでございますパンチ

今年のライブの中では
一番の「長丁場」になるライブになる予定です
カヴァーあり、新曲あり、久しぶりに演奏するオリジナルあり
もちろん「まゆChu」もゲストで出演する予定です!

一人でも多くの方に見てもらえると嬉しいです
是非、「音太小屋」へお越しください。ふらふら

*******************************************************

「Chu-ta's Blues Live2008」

"Road to SONGS"


日時:2008/07/25(金)
場所:音太小屋
http://neta58.hp.infoseek.co.jp/
料金:1000円(ワンドリンク付)

開演 20:00

※閉演後は「フォーク酒場」あります!


詳しくは
Chu-ta Webサイト
「Chu-ta's Home」でどうぞ

PC:
http://chuta2005.fc2web.com/
携帯:
http://chuta2005.fc2web.com/i/

*******************************************************

posted by Chu-ta at 07:37| 大阪 ☁| Comment(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

リクオ Rikuo づくし


先日、ネットでやっとこさ
「リクオ」の、買っていないアルバムを全部
購入して、昨日届きました!


ここで買えます!
「Artist-Direct Shop 405」
https://sv20.wadax.ne.jp/~ads405-jp/

とはいえ
廃盤になったアルバムやシングルも沢山あるわけで・・

どないしょうも、こないしょうも、ありません(涙)

全編ピアノ弾き語り
「Heaven's Blue」


HEAVEN’ BLUE.jpg

4曲入りシングル
「Padadise」

paradise.jpg


今の所、最新スタジオアルバム

「セツナウタ」

セツナウタ.jpg


まぁまぁ〜「リクオづくし」を
堪能しておりますよぉぉ〜

なんとなく、こう言うと
もの凄い、おこがましいんですが・・・ふらふら

どうも、リクオの曲や言葉って

自分のやりたい事と「ベクトル」が
非常に似ているんですねぇ〜黒ハート

シンプルで
ポップで

ピアノ弾きなのに
難しいコード進行や、転調をあまり使わずに
まるで、ギター弾きの人が作った曲みたいに
シンプルで、言葉も解りやすい
ちゃんと、「絵」が見える、それぞれの曲は
本当に素晴らしいですexclamation×2

歌うたいとしても、
一言、一言「言葉」を大切に飛ばしていくスタイル
尊敬します・・・もうやだ〜(悲しい顔)

俺も、もっと見習わないとなぁ・・・・

何気に、もう2.3曲、コードを取ったので
早速、土曜の「音太小屋」でやってみよわーい(嬉しい顔)
posted by Chu-ta at 18:44| 大阪 ☀| Comment(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

Newton Faulkner


最近、お気に入りのシンガーソングライター

「Newton Faulkner」

Newton Faulkner_Hand Built By Robots.jpg


これ最新アルバム
「Hand Built By Robots」

本当に良いアルバムッス



YouTubeで色々動画を見ていたら・・・・

とんでもないモノを発見してしまった



「One Man Plays Bohemian Rhapsody - Newton Faulkner Live」




ギター一本で演奏する
「クイーン」の超名曲「ボヘミアン・ラプソディー」

しかも、サビ前のオペラ部分まで演奏してるって(汗)
(本人でさえ、テープで流してるのに・・・)


すごい、通り越して・・・


ズゲェェェ〜
posted by Chu-ta at 17:52| 大阪 ☁| Comment(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

帰ってきた「悪ガキ達」


セインツ・オブ・ロスアンゼルス.jpg


とりあえず、まず

「ありがとう!」と言いたい

ついに・・・ついに・・

ぴかぴか(新しい)モトリークルーぴかぴか(新しい)
(以下モトリー)が帰ってきたぞぉぉぉぉ〜パンチ

ニッキーだぁexclamation×2
ビンスだぁexclamation×2
マースだぁexclamation×2

そして、そして

あぁよかったぁぁぁ

いますよ、いますもうやだ〜(悲しい顔)

トミー・リィィィィィ爆弾


もう、冷や冷やでした・・ふらふら

トミーの脱退が一時期、噂になってしまい


「もう、勘弁してくれぇぇ(涙)」と
思っていましたが・・

フタをあけてみれば

なんと11年ぶりのオリジナルニューアルバム

「セインツ・オブ・ロスアンジェルス」発売!!

きたぁぁぁ〜むかっ(怒り)むかっ(怒り)


しかも、先行シングルでもありタイトル曲でもある
「セインツ・オブ・ロスアンジェルス」のPVを見た瞬間・・・






帰ってきたぁぁぁ!

と家で台興奮黒ハート


そうです、そうですよぉ

あの

「永遠の悪ガキ達」

が帰ってきましたよ

しかも、年齢どころか、音もパワーアップして

全15曲、捨て曲なんてありえない!
※内、2曲は日本版のみ収録のライブ音源


どこを、どう聞こうが、シャッフルしようが、
「モトリー印、丸出し」
の最高のロックンロールがつまったアルバムです

もう、「脱退」も「解散」も「新生」も無しだぁぁ

最強の"バッドボーイ・ロックンロール"頼んますぜぇぇ

posted by Chu-ta at 16:37| 大阪 ☁| Comment(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。