2012年05月11日

歌録音と「コクヨ M4」(イス)

Twitterを初めてから、すっかりブログ更新を
ご無沙汰しておりますわーい(嬉しい顔)

※よかったらフォローしてくださいexclamation
https://twitter.com/chuta_blues

G.W前に風邪をひいてしまい
レコーディング三昧になるはずであった連休も
台無しになるという「最悪のG.W」を過ごしましたもうやだ〜(悲しい顔)

幸いだったのは連休前に病院で薬(トンプク)を
もらっていたので、結構悪化せずに治ったこと位です。

熱や頭痛は大丈夫やったんやけど
鼻だけが2週間位かかってしまい、やっとこ今日から
レコーディングが再開できましたパンチ

kinou,kyou,ashita」の仮オケはほとんどできていたので
今日は仮歌録りをしましたるんるん

とは言え、自宅レコーディングなので
仮歌でも本チャンに採用される可能性は非常に高いので本気で歌いましたよわーい(嬉しい顔)

曲がROCKなので、いつもの「Blue Microphone spark」(コンデンサー)
ではなくて、おなじみ「Shure SM58」(ダイナミック)で録りました。

IMG_4692.JPG

最初Blueでも録音してみたけど、この曲には58の方があるなぁと
いう判断と、歌が常に前に前に行くビート感が必要だったのでやっぱ58は合いますひらめき

プリはすっかり我が家の定番「ART Tube MP V3」です
もうこれ無くして、どのパートもレコーディグするのがイヤな位大好きです黒ハート

IMG_2776.JPG

3テイクほど録音してナカナカ良い感じのテイクが取れたので
仮ミックスをしてテイクを選んだり、消したり、貼ったり、くっつけたりですわ。

とにかく期限を決めずに良いアルバムができるのを楽しみます。

で、もう一個、結構前にイスを買いましたわーい(嬉しい顔)

IMG_4694.JPG

もともと、家にあったふつうの木のイスを使ってたんやけど
やっぱ長時間の作業だと腰や背中に負担がかかり過ぎて痛い!

で、半年以上前から、いろんなショールーム行ったりして
良いイスを探してたんやけど、ナカナカ良い(値段的にもよ)
イスがなくて、やっとこ見つけたのがコレ!

コクヨの「M4」です。
http://www.kokuyo-furniture.co.jp/products/office/m4/

コウヨのショールムに行ったときに「これだ!」と感じて
その日に注文しました。今1ヶ月位使ってますが、腰や背中の痛さもなくなり
本当に楽です。あと肘付きですが、前の方に座れば楽勝でギターも弾けるよ!

IMG_4693.JPG

値段的にもリーズナブルで(それでも3万ちょいしますが)
おすすめでっせぇ!

この赤色も自作PC同様非常に気に入っていて
楽器だらけの自宅に花を沿えてくれています。

IMG_4696.JPG

やっぱ長時間PC作業をする人は、本当にイス大事ですよ。

IMG_4695.JPG

さぁ〜ミックス作業だ!ガンバルバイ!



posted by Chu-ta at 15:37| 大阪 ☁| Comment(0) | レコーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

Fender Rhodes[フェンダーローズ]の魔力


自分で宅録(レコーディング)をする際やアレンジに迷った時

アコギと歌以外にまず入れるのは
間違いなくエレピ(Fender Rhodes)です。

エレピ(電子ピアノ)と言っても
種類も沢山あるが、とにかく好きなのが
タイトルにある

「フェンダーローズ」(Fender Rhodes)

もうね弾いてるだけで

「何ですかこの無敵感!」がく〜(落胆した顔)

って感じで空間を埋めてくれます黒ハート

とくに鍵盤弾きではないボクみたいなタイプは
適当にコード弾くだけでむっちゃカッコ良くなる
ローズの音は最高です手(チョキ)

で、なぜ自分がそれほどローズが好きなのかを
考えてみると、ローズという名前は知らなかった
高校時代にちゃんと聞き始めた洋楽で
実はローズとガッツリ出会っていたんです。

それがまずはこの有名な曲



Billy Joel/Just the Way You Are(素顔のままで)



Stevie Wonder/You Are The Sunshine Of My Life

どっちもガッツリ「ローズサウンド」でするんるん

そして、邦楽だとこれexclamation



松任谷由実/中央フリーウェイ

松任谷正隆の弾くローズって素敵やわぁわーい(嬉しい顔)
(映像でもローズ弾いてます!)

そして今、もうローズにベッタリです。
きっかけになったのは、「The Album Leaf」のアルバム



The Album Leaf/Thule

他にも大好きなローズの曲はこんな感じです



Paul Simon/Still Crazy After All These Years



Michael Franks/Nightmoves



Donald Fagen/I.G.Y.

ちなみにレコーディングでは実機はさすがに無理なので
ソフト音源をMIDIキーボードで弾いてます。

使ってる音源は「AAS」の「Lounge Lizard EP-3」です。

Lounge Lizard EP-3.jpg

使いやすくてかなり音もいいですよ!オススメです。

※以下のURLでサンプルも聞けますよ!

http://www.minet.jp/aas/lounge-lizard



posted by Chu-ta at 19:40| 大阪 ☀| Comment(0) | レコーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

ミックス勉強 2日目


今日も「灯り」を使ってミックス勉強!

とにかく「歌もの」ですから、
ヴォーカルを中心に処理を行っているわけですが

今日使っているのかこれ

large_rider.jpg

「waves vocal rider」

http://bit.ly/4xhMkA

とにかく、目から鱗のすさまじいプラグインですがく〜(落胆した顔)

いくらコンプで音をある程度そろえても
歌の場合は、強弱のレンジが恐ろしく広いので
オートメーションで通常は、フェーダーを上下して
記録していくしか方法が無かったんですが。
(多分この作業が嫌でプロに丸投げするケースが多いと思います)

が、このプラグインは
自分で設定した「幅(レンジ)」を決めて
さらにサイドチェインを使って歌意外(オケ)との
バランスを決めたら、自動的にフェーダーが上下して
音量を設定できるんですexclamation×2

ある程度、決まったらホスト(僕の場合はCubase)に
オートメーションの書きこみで出来ます手(チョキ)

コンプで思いっきり抑え込み事で表現できる音は
もちろんあるんですが、歌だけはあんまりかけ過ぎると
声自体が変わってしまうので、結局最後はオートメーションを
書くしかなかったんですが・・・・もうやだ〜(悲しい顔)

もう!おさらばだぁ手(パー)

歌はほとんど、これで決まったぁぁぁわーい(嬉しい顔)

さぁ〜楽器隊に移ろうっと

posted by Chu-ta at 11:19| 大阪 ☁| Comment(0) | レコーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

ミックスダウン勉強


今日は「灯り」のミックスをやってます。

こないだから導入した「Waves CLA-76」が
本当に「使いやすく」「音も好み」のコンプなので
ガンガン挿してますexclamation×2

large_cla_black_76.jpg

■Waves CLA Classic Compressors

http://bit.ly/3d1hY7

ドラムもアコギもベースもそしてもちろん歌も
本当に心地よく"アナログっぽい"感じで持ち上がってくれますわーい(嬉しい顔)

さすが世界中のスタジオに標準と言っても良いくらいある
コンプ「1176」をモデリングしたプラグインだけあります

つまみも少ないので、セッティングも本当に楽黒ハート

”Blacky”と”Bluey”がありますが、僕は断然
”Blacky”が好み!でもアコギには”Bluey”の方が
理想の「ギブソン色」が出てくれました手(チョキ)

こういう名器って奴を疑似的ではあるけど
使ってみると、コンプって本当に大事なんだなぁって思います。

しかし、自分の声だけをこうして処理していると
「扱いにくい声だなぁ」って痛感します・・・・ふらふら

ダイナミクスが大きいので、張るとすぐに歪みだすし
なかなか粒立ちよく揃ってくれません・・・・もうやだ〜(悲しい顔)

この辺はEQで抑えていくしかないようです・・・がく〜(落胆した顔)

そのEQですが、これまた名器「API 550A」を使ってます

これまた、非常にシンプルですが、"ガッツある音"に
仕上がるのと、直感でイジれるのがお気に入りですパンチ

API550A.jpg

■Waves API Collection

http://bit.ly/9BMc3O

今月号のサウンドデザイナーの特集
「今すぐ成功するボーカルMIX術」はホストがCubaseで
Cubese内蔵とwavesのプラグインでほとんで出来るので
まんまパクりながら、勉強中です。

■サウンド・デザイナー

http://www.sounddesigner.jp/

僕はあくまでもプレイヤー側なので
なかなか本職のミキサーさん脳にはなれないですが
どうも、知り合いとかのCD聞くとミックスが好みじゃない音が
多いので、出来るだけ自分でミックスの好みだけは
ハッキリとつけれるようになりたいと思います。


さぁ〜頑張って良い音源作ろうexclamation×2

posted by Chu-ta at 09:37| 大阪 ☁| Comment(0) | レコーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

Rec!Rec!Rec!だぜ


昨日買ったマイクプリ

IMG_2776.JPG

「ART Tube MP V3」

を使って、今日はアコギ録りと
歌録りをしましたるんるん

このマイクプリ本当に使えますわーい(嬉しい顔)

昨日「FISHMAN AURA SPECTRUM DI」
を使って録音したYairiのライン音も
良いんやけど、やっぱ"この音"がないとなぁふらふら

J50.jpg

「Gibson J-50」

※今回はアタック中心を狙ったので
M1付けた状態で録音しました

マイクプリの「MULTI」
(マルチに使えるウォームサウンド+OPL)
というプリセットの音が気に行ったので採用わーい(嬉しい顔)

普通にI/O直に58挿した音と比較してみましたが

マイクプリ経由の方が「生音」に近い音に
なり、良いんです黒ハート

そして歌は
「VOCAL」(ウォーム・ヴォーカル・マイク)
という真空管をフルに使ったようなプリセットにして録音exclamation×2

今までのMTRの頃に買っておけばよかった・・・もうやだ〜(悲しい顔)
思える程、ガッツのある良い感じの声で録音できました手(チョキ)

YairiのラインとJ-50の生音をミックスして
後、コーラスも録音。

良い感じじゃんパンチ
後は、ミックスだな・・・完成も間近かexclamation&question

posted by Chu-ta at 21:47| 大阪 ☁| Comment(0) | レコーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

【Rec】ウワモノギター


今日は「灯り」の上モノに入れる
エレキを録音してみましたるんるん

僕の中で「ウワモノ」と言えば
何年も前からコレパンチ

Fender Japan Stratocaster

IMG_2720.JPG

リアだけDuncanのハムにしてます

1本はリアのハムでクランチにして
アンプは「Marshall系」で

Marshall.jpg

もう1本は、フロントとセンターのハーフトーンで
クリーンにして
アンプは「Twin Reverb」で指弾きしました

fender.jpg

だいたい、形が見えてきたので
こっからは、一旦バラバラにして
こまかくアレンジしたり
シンセをこまかく入れて行こうと思います

大分DTMにも慣れてきましたわーい(嬉しい顔)

最近やっぱ気になるのは
知り合いがレコーディングした後の
ミックスやマスタリングですね手(チョキ)

できればミックスもマスタリングも
自分でやりたいと思うので、
プロの人にしてみれば、かなり「荒い状態」
になると思いますがふらふら
その辺も楽しんでやりたいと思います黒ハート


関係ないけど
我が家の長男「びん」の寝顔は
いつも最高の笑顔をくれます


IMG_2675.JPG

posted by Chu-ta at 17:24| 大阪 ☁| Comment(0) | レコーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

04/03 灯り rec


自分の曲のレコーディング作業も
昨日から、再開しましたパンチ

と、その前に一個
マルチ音源を追加しましたわーい(嬉しい顔)

それがこれexclamation×2

sampletank2.5.jpg

IK Multimedia
「Sample Tank 2.5 XL」


http://bit.ly/b80CAv

今使ってマルチ音源は
Cubaseに内蔵の「Halion One」
コレはコレで大好きなんですが、
他のマルチもあった方が良いなぁ〜と
思い続け色々と調べた結果

この商品の宣伝文句
「いつまでも弾き続けたくなる"、
"試奏している間に、曲のアイデアが自然と浮かんでくる」

にマンマとだまされてみました黒ハート

約6GB分の音源が入っているので
まぁ〜選択肢が多いのと
16パートをレイヤーできる
マルチティンバー対応
なので
(そんなに一気に鳴らしませんが・・・ふらふら
この辺も気に行った点ではありますわーい(嬉しい顔)

元々「Halion one」で入れていたトラックを
複製して、「SampleTank」に変えてみましたが、
これが、ナカナカ良いです。

とりあえずプリセットまんまの
「Cello」と「String」は変えました。

エレピの音に関しては、さすがYamaha
この辺は「Halion One」の方が好みでした。

後同じく

IK Multimedia
「Ampeg SVX」


を入れました。

ampeg.jpg

http://bit.ly/10l7Zy

今使っている「AmpliTube」にも
ベースアンプは複数入っているし、素晴らしい音が
しますが、やはり、そこはベーシスト
「Ampeg」が欲しいジャンexclamation×2それがベーシストジャン手(チョキ)

音は、間違いなく「あの音」ですハートたち(複数ハート)
最高です。総とっかえというか、弾き直しました。

アレンジもある程度固まったので
今月中には本番録音して、お聞かせできるようになると思います。

作った当時は、別の意味をもった「灯り」でしたが
今は、被災地の方や、今回の地震で色んな思いをした方々の
心に少しでも「灯り」が灯り続けるように、ライブでも
大切に歌うナンバーになりました。

この音源は完成次第できるだけ多くの方が
聞ける環境にしようと思います。

その時は、どうか、みなさんのお力を貸してくださいるんるん

posted by Chu-ta at 07:15| 大阪 ☁| Comment(0) | レコーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

再開!

kamanoblues_project.jpg

なんか震災以来、
歌う気にはなるが、
レコーディングするって気になれなかったが
今日から再開しました手(グー)

とりあえず哲さんに聞いてもらうために
「釜のブルース」のデモを作りましたexclamation

ある程度形は見えたので
今週末にでも聞いてもらおうとおもいまするんるん

アコギ関係は全部
「FISHMAN AURA SPECTRUM DI」

AURA SPECTRUM DI.jpg

を使ってラインで録音しなおして
レギュラー2本と、DADGADで1本
ベースも手弾きで弾きました。

IMG_2537.JPG

5番まであるので、なるべく飽きがこないように
1番毎にレイヤーで音を重ねたり、抜いたりして

まぁ〜後は本人が気に行ってくれれば良いけど

もちろん本番は、これを雛型に作り直します!

さぁ自分の曲もやらねばな・・・・
posted by Chu-ta at 18:19| 大阪 ☀| Comment(0) | レコーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

レコーディング日誌

新曲「灯り」
のデモを基礎に今日から、本格的に音の差し替えをしたりアレンジしたり。

まずはドラム
ドラム音源「Addictive Drums」を使用しました。

drum.jpg


約3000あるループから
これだぁパンチってループを加工して入れました
このドラム音源本当に簡単で、使いやすいっすわーい(嬉しい顔)

超おすすめ手(チョキ)

エレピは「Cubase」のマルチ音源「Halion ONE」からチョイスしました。

epiano.jpg

さすがYamahaのシンセ音源が元になっているだけあって、
ピアノ関係の音色は使いやすくて種類も、
そこそここ多いので良いです黒ハート

ギターアンプは「AmpliTube 3」からJC120と
トレモロのエフェクターをチョイス、

JC.jpg

tremono.jpg

もちろんJC120のコーラスはONひらめきマイクは「57」をオンマイクで
ステレオで録りましたるんるん

コーラスといいフェイザー、トレモロって
俺どんだけモジュレーション系のエフェクト好きやねんハートたち(複数ハート)

ギター「Epiphone Broadway」

IMG_2538.JPG

P.Uはもちろんフロントのみを使用
やっぱこの「セスラヴァーPU」の音、好きっす!

後、軽くベースを入れてみました

IMG_2537.JPG

「AmpliTube 3」から「70's BASS」ってプリセットを使ってみましたが
これが、マジに音が良すぎて、弾きすぎてしまいそうになりました。

とりあえず、1番は形になってきました
後は、シンセやら、ストリングスやら、足し算と引き算を繰り返して
良い景色を作っていきます黒ハート

昨日から、時間があれば
山口洋と細海魚のアルバム「SPEECHLESS」を聞いてますが

HEATWAVEのブログで洋さんがよく「音の宇宙」って言っていた
意味がものすごい解りましたもうやだ〜(悲しい顔)

ふと夜空を見ながら、聞くと自然に涙が出てくる優しさと
やっぱり、根にあるロックの熱を感じる名盤です。
全ての音楽を愛する人に絶対にオススメです

SPEECHLESS.jpg

アルバム
『Speechless』 Yamaguchi Hiroshi / Hosomi Sakana
は、ライブ会場か、
Aritist-Direct Shop 405(http://www.ads405.jp/)で買えます

Starlight (ショート・バージョン)


posted by Chu-ta at 19:53| 大阪 ☀| Comment(0) | レコーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。