2015年02月08日

2/6 西天満「D45」オープンマイク レポ

先週金曜日は、西天満にある

「D45」

というお店の
オープンマイク(飛び入り)に初参戦してまいりました。

URL: http://d45.biz/

店名にある「D45」はマスターが所有しているあの
Martin(マーチン)の最高機種

「Martin D-45」

からきているとの事

そして、言えばその名器を気兼ねなく弾かせてくれるとのこと

それだけの理由で、僕の永遠の相棒

「Gibson J-50 (60's)」
をピックアップを外して持っていきました

B6qMSC4CMAAt3SL.jpg

※J-50の紹介記事はこちら
http://chuta-blues-blog.seesaa.net/article/91572611.html

場所が家からだとチャリの方が行きやすそうだったので
チャリで行ってお店についたのが19時チョイ過ぎ

初めて行くお店ってやっぱり緊張します・・・ふらふら

お店につくとまだ、始まっていないらしく
常連さんらしき人が2名程、ギターを弾いてました。

お店の方に自己紹介をして、早速チューニングやらをして
まだ、人が少ないので、早速「D45」を弾かせてもらいました

所有している「D-45」は比較的最近(90年代)のものらしく
弾いた感想としては・・・・

「あまり好みではない・・・もうやだ〜(悲しい顔)

音太小屋の哲さんが所有する「HD-28」が自分の「理想」になっているためか
ちょっと「鉄っぽい音」がする「D-45」はなんとなく国産のギターぽい感じが
しました。

※哲さんのHD-28の紹介記事はこちら
http://chuta-blues-blog.seesaa.net/article/158695775.html

まぁ〜実際生ギターの場合って「弾いている人」が聞く音と
実際に誰かが「弾いている音」を聞くのでは全然違うし
レコーディングでマイクに乗って聞く音も違うから、本当の音は

「所有している人が弾く音を聞かせてもらう」

が一番正しいんやと思います
(実際に所有している人が一番そのギターの鳴らし方を知ってるはずやから)

で、なんだかんだとオープンマイクが始まる時間になったら
お店にドンドン人が入ってきました。

なんだか昔の音太小屋の飛び入りの日みたいで「すごいなぁ〜がく〜(落胆した顔)」と思った

とりあえず、1順目から先に来ていた2名の方が演奏して僕の番です。

久しぶりにラインではなく、生(マイク)でやるライブは結構新鮮でしたが
ラインで慣れているので、「どの程度音」が返っているのかまったく解らないのと
ピッキングの「強弱」がどうしてもマイクだと出せないので、強くなってしまいました。

1.ぬくもり (リクオ)
2.Don't Cry My Love (長渕)
3.ヨイトマケの歌

を歌いましたるんるん

いくら20何年色んな場所でライブをやっているとは言え
いくら全員が演者であるオープンマイクとは言え

初めての場所は、緊張するモノです

特に「出音」がよく解らないハコと、
どんな音を作るPAさんなのか解らないハコは不安でしょうがないです。

歌が始まれば、スイッチが入っていつも「Chu-ta」にある程度なれるんですが
この日は、イマイチ「乗り切れない状態」が結局最後まで続きました・・もうやだ〜(悲しい顔)

自分の演奏が終わり常連の方々と色々とお話しをしながら時間が過ぎていくと
以前音太小屋でお世話になった方と再会したり、近況を話したりしている内に

僕が「ハーモニカ吹き」である事から案の定、他の演者の方の歌に「ハーモニカサポート」を
お願いされる事が多く、結局音太小屋同様「出まくる」事になりました。

ここで、本当に思う事ある。

「ギター弾き語り」の人で最近本当に「ハーモニカ吹く」人少なすぎちっ(怒った顔)

まぁ〜別に「あえて吹かない人」なら良いんです。

その割に「間奏」みたいな箇所で意味のない「コードストロークだけ」が入る

これが、聞いているほうとしてはもの凄いイヤなんですふらふら

せめて

「ハンマリング入れて間奏っぽくする」

とか

「声でソロっぽいファイク入れるとか」

するなら良いんです

ただのサビとかのコード12小節

(ギター以外無し)

何これ?歌の休憩?

人のカバーをする際に実際にギターソロが入っていたり
ハーモニカソロが入っている場所をその小節数でコード弾きのみ

何これ?ボクの頭では何のソロも聞こえませんけど?

知っている人は知っていると思うけど
ボクが使っているような

「10ホールズハーモニカ」

の場合

IMG_7072.JPG

「1キー(Key)」につき「1個」が基本です。

「KeyがA」なら「ハーモニカもA」
「KeyがC」なら「ハーモニカもC」

これが「1stポジション」です。

ブルース(Blues)やソウル(Soul)でよく使われるのは「2ndポジション」ってやつで
4度上の音を使いって、「吹く」ではなく主に「吸い」ます

「KeyがA」なら「ハーモニカはD」
「KeyがC」なら「ハーモニカはF」

僕はこの1stと2ndを曲によって使い分けてますが

1stの場合は特に曲が転調しない限り

「吹いて」も「吸って」も「どんなフレーズ」でも

「音は外れません」

極論から言えば

「どう吹いてもそれらしく聞こえます」

なので、可能であれば、ギターストロークだけの間奏はやめて
「ハーモニカ吹き」がもっと増えればいいなぁ〜と切に願います手(チョキ)

そんな事を思いながら、2順目に入ったのが0時前でした・・・・

1.西新宿の親父の唄
2.愛ノ花

通常オープンマイクではオリジナルの曲は極力やらないようにしているんですが
最後に名刺代わりに愛ノ花をやりました。

時間も時間で人も結構返ってしまいましたが、
この日も「D45」というお店に素敵な「愛ノ花」が咲いたと思います

素敵な笑顔
素敵なコーラス
素敵な景色

いつこの曲をやっても僕から見える景色は、僕だけが独占できる素敵な景色です

また、時間があればいくよ黒ハート

あんがと!!

追記:
僕はチャリだったから遅くまでいれたけど
ほとんどの人は1順(3曲)で帰っていかれました
人が多いときは、2曲(もしくは1曲)回しで
沢山の方が歌える方がオープンマイクは楽しいと思います。

posted by Chu-ta at 09:30| 大阪 ☔| Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

BABYMETALソング ベスト5

1月10日のSSAから早3週間・・・

あれは本当は「夢」だったんじゃないのかexclamation&question
と思えるほど、その場に自分がいたとは到底思えませんふらふら

自分で書いたレポを読んでも、
「全部、嘘なんじゃねぇ?」「本当は落選してたんじゃねぇ?」
と思えるほどです・・・・わーい(嬉しい顔)

話はそれましたが、
ヘドバン・スピンオフ 奇跡のMSG! 燃えるロンドン! 徹底レポート号
の企画に乗っかり、僕も私的BABYMETALソング ベスト5を選んでみました。

ヘドバン・スピンオフ 奇跡のMSG! 燃えるロンドン! 徹底レポート号 (シンコー・ミュージックMOOK) -
ヘドバン・スピンオフ 奇跡のMSG! 燃えるロンドン! 徹底レポート号 (シンコー・ミュージックMOOK) -

まだ、BABYMETALはワイドショーでしかしらない人に是非見て、聞いて
ハマってほしいDEATH!!

そしてBABYMETALキッカケでMETALの世界の扉も開いてもらいたいDEATH!!

1位:ヘドバンギャー!!



僕がBABYMETALにハマるキッカケになった曲で最初に聞いた曲。
もうイントロの「伝説の・・・」から「バンバンバン」が流れた瞬間に

「なんじゃ!こりゃ!」
のカルチャーショックが強すぎて記憶を失いそうになりました。

2位:紅月-アカツキ-



あらかさまに「X japan」(X時代)のオマジューであるが
この曲を最初に聴いたときにSU-METALの歌と魂に震えました。

こないだのSSAでは最後、感動のあまり涙が自然にこぼれました・・・もうやだ〜(悲しい顔)

3位:4の歌



BLACK BABYMETAL」こと「YUI-METAL」「MOA-METAL」が歌う破壊力抜群の曲
「おねだり大作戦」のリップのオマージュにも驚きましたが、
生で見た「ヨン!ヨン!」の破壊力に「かわいいは正義」の意味を知りました。

4位:悪夢の輪舞曲



プログレ+メタル的な「ジェント (Djent)」」を巧みに取り入れたSU-METALのソロ曲
SSAに行くまではそんでもなかったんやけど、この曲で体感してSU-METALのオーラーに
完全にK.Oして、それ以来「ジェント (Djent)」系のバンドを聴きあさる日々が続いてしました。

5位:Road of Resistance



現在のところBABYMETALの最新曲
大好きなDRAGONFORCE(ドラゴンフォース)のギターが参加のスピードメタルを
通し越した「クサメタル全開」の名曲。

間奏のシンガロング「WOW・・・」の部分を2万人と共に歌ったあの光景は素晴らしかった。

※動画は削除されてたら、タイトルで検索してみてね!!

以上DEATH。

みなさんの5曲も是非、教えてね。

では今日もメタルな日々を楽しみましょう手(チョキ)
posted by Chu-ta at 09:44| 大阪 ☀| Comment(4) | BABYMETAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

01/16 音太小屋「ネタカフェ」

B7evoL3CYAEiG_C.jpg

先月から2年ぶりに毎週金曜日は
音太小屋の飛び入り「ネタカフェ」に通っている。

年明け一発目は次の日がBABYMETALのSSAだったのでお休みして
昨日が今年一発目のネタカフェとなりましたるんるん

音太小屋は普段1階が「ネタカフェ」
2階は「ブッキングライブ」や「演劇/落語」なんかに使うんやが
昨日は急遽2階でのネタカフェ開催となりました。

何も知らずにいつも通りに1階に行くと人が多いので

「おぉ〜今日は人が多いなぁ〜!」と思っていたら
「あれ?哲さんが歌ってる?」

で、2階にあがったら音響の「kafuさん(カフ)」が
セッティングしていて、「今日は2階でやるでぇ」と言う事でした

どうやら、ブッキングのメンバーの中に足の不自由な方がいるので
2階へあがる急な階段とかがキツいらしい・・・ふらふら

まぁ〜そうこうしている間に僕も自分のセッティングをすませて
いざ、ライブへ手(グー)

なぜか昨日は「長渕剛しばり」のメニューで歌いました(2〜3曲まわし)

・カラス
・愛してるのに
・冷たい外国人
・Don't Cry My Love
・HOLD YOUR LAST CHANCE
・西新宿の親父の唄

あと、ヨイトマケの歌も、もちろん歌いましたるんるん

で、昨夜は「京子さん」「ゆうこさん(ドリー)」も来ていたので
ほとんど、"出ずっぱり"で、自分が歌う以外に「ギターでの伴奏+コーラス」での参加

途中から参加された「ヤスさん」も長渕が好きらしくて
ラストで歌われた「しゃぼん玉」と「おいらの家まで」ではハープで参加しました

2年ぶりに、音太小屋の2階で歌っておもったが

「やっぱ、ここ音良いなぁ〜わーい(嬉しい顔)

外から見ると普通の民家みたいに見える木造の建物なのに
とにかく音が良いんですexclamation

これは最初に音太小屋に通うようになってから変わってません。

逆に「ライブバー」や他の「ライブハウス」でやると

「音悪いなぁ〜がく〜(落胆した顔)」としか思えなくなるのが問題です・・・

後、やっぱりこうして「音楽」とベッタリ過ごし
「音楽」についてのみ話す時間っていうのが、とにかく居心地が良い

自分が"ここ"にいて良いんだなぁ〜って思えることと
自分が"歌うたい"で本当に良かったと思える瞬間をしみじみ噛みしめていました。

来週1/23(金)は音太小屋2階のブッキングライブにて
ゆうこさん(ドリー)のギター伴奏+コーラスとして参加します。

もちろん1曲ですが、しっかり歌わせてもらいます。

是非お時間がある人は、来ていただけると嬉しいです。

あ!自分の出演が終わったら1階のネタカフェにいるので
そちらでは、またしっかり歌い、弾き、吹きたいと思います。

まぁ〜そんなこんなで今年もよろしくな音太小屋!

■天満天六 音太小屋
http://www.eonet.ne.jp/~netagoya/


posted by Chu-ta at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | Chu-ta's Blues Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

BABYMETAL LEGEND 2015 〜新春キツネ祭り〜 in SSA(さいたまスーパーアリーナ) 私的レポ その3

DSC_0548.JPG

前回に続いてBABYMEALライブ終演後の感想DEATH!

1/10

21時前

初体験のBABYMETALが終わり。少し茫然としながら会場を後に大宮に移動

「なんか、とんでもないモノを見てしまったがく〜(落胆した顔)
ぴかぴか(新しい)かわいいは正義ぴかぴか(新しい)の本当の意味を知ってしまったがく〜(落胆した顔)

とグダグダしゃべりながら、とにかくゆっくりしたいため
ファミレスを探すがどこも3連休の初日だけにいっぱい・・・ふらふら

ちょっと足を延ばして、すこし遠い場所のサイゼリアにて夕食
夜も遅いため「イカ墨パスタ」と「ドリンクバー」を注文

まったくお酒を飲めない僕にとって「ドリンクバー」での炭酸こそが
ライブ後の至福の喜びでもあります黒ハート

今回座席がスタンド後だったので、意外に全体を冷静に見れていたため
率直な感想としては以下の通りでした。

・メインボーカルであるSU-さん(SU-METAL)が終始イヤモニを気にしていたので
 返しの音が悪くて、音程(ピッチ)が取れない部分があり、歌に集中できない部分があったのが
 かわいそうだった。

・ダンサー&スクリームの「YUIMOA」(YUI-METAL,MOA-METAL)の生の破壊力は半端なかった

・バックバンドである「神バンド」の方々は、全曲ドンカマに合わせての演奏になるため
 思ったより「バンド!」って感じではなかったが個々の演奏能力はさすがの一言でした

・さいたまスーパーアリーナ(SSA)の音響は思ったより良くてベースを含むバンドの音も
 それぞれのボーカルの音も分離よくバランスもよかった

・去年みたDragon Ashとかに比べると、アリーナ(モッシュピット)は大人しく
 事前に注意が出ていたとは言え、モッシュもクラウドサーフも大人しめでした。

・スタンド席は、やはり年齢層が高かったり、家族連れが多いため、みなさん冷静に観覧しており
 俗に「アイドルのり」的な方も多かったDEATH(これはこれで素敵だ)

・今までのライブ映像やYOUTUBEのFANCAM映像などを見ている限り
 今日の3人に関しては「4.50%」位しか実力は出せてなかったかもしれない。
 多分あの3人の本来のポテンシャルはこの程度ではないはずDEATH!

こんな感じかなぁ

去年NHKの特番で放送された「BABYMETAL現象 〜世界が熱狂する理由〜 」での
海外ライブを見てしまったため、やっぱりライブの見方やノリ方については
日本人は全体的に大人しいと思います。

モッシュピット内にいればもっと違う感想をもったかもしれないけど
スタンドから全体を俯瞰で見ている限り、シンガロングやコール&レスポンス
踊ったり、ヘドバンしたりとかについても自発的ではなく、
「この曲のここはこう!」とか「メンバーの後に続いて・・・こう!」とかで
初めて反応するのが日本人特有の「ノリ」のようです。

これはBABYMETALだけではなく、大体アマ/プロ問わずどんなジャンルのライブに
いっても感じる感想。

そういう意味では「音」に正直に反応して、心から「音」を楽しみ
「演者」「お客」がともにライブというその瞬間の景色を構築できる
海外でのライブを体験したBABYMETALメンバー3人は、凱旋ライブである
今回のSSAについて、どう思っただろうと若干複雑な心境でした。

それでも「メタル(METAL)」という日本においては一種「閉鎖的」で
聞く人が少ないジャンルの音楽に2万人近くもの集客ができるバンド(ではないが)
は、日本国内ではBABYMETALだけだと思います。

今まであのラウドネス(LOUDNESS)でさえも成しえなかった海外での
話題性や評価の高さは、多分「ジャパメタ最後の砦」であり
「日本の音楽が海外に進出する最後の砦」になるかもしれません。

「アイドル」+「メタル」という日本でしかできないミクスチャーであり
「アイドル」なのに圧倒されるSU-さんの声
「アイドル」だからこそ成しえれるYUIMOAの可愛らしさ
その上でバックの音に関しては、「本格的で現在のメタル」を上手に取り入れたサウンド

多分、さくら学園から派生した部活「重音部」で当初は冗談半分でやり始めたであろう
「BABYMETAL」ですが、「売れよう」とかより、BABYMETALに関わっている人達(メタラー)が
本気で自分たちの好きな音楽を好き勝手に作って、それに対してメンバーが
本気で乗っかってくれているからこそできた奇跡のような音楽だと思います。

そしてなにより、選ばれた三人(SU,MOA,YUI)が本当に素晴らしいプロ意識と
ポテンシャルを持っていて、これだけの年齢層が集える場所を提供できる
それだけで、僕は嬉しいし、それがここ日本から発生しただけでも奇跡です。

2015年現在「SU-さん」は17歳「YUIMOA」が15歳なので
この状態が半永久的に続くとは思いません。

だからこそ残りの時間がある限りこの誰もできなかった「道なき道」を作ってもらいたい!
6月の幕張も頑張ってチケットをゲットして、次はモッシュ内から体感する
BABYMETALがみれたらそれだけで幸せDETH!

そして、最後になりますが、今BABYMETALは朝のワイドショーや音楽番組
YOUTUBEでの映像など、数限りなく見ることができます。

しかし、機会があってもなくても、できれば会場で共に体感することを、おすすめします

5月からまたワールドツアーに出てしまい、残念ながら今現在の段階では
日本国内でのツアーの予定もないし、次は完全オールスタンディングの6月幕張ライブのみが
決定している状態。

今回生のBABYMETALを見て、可能であれば、もっと多くの人にBABYMETALを通して
「メタルの素晴らしさ」や「痛快さ」を体験してもらいたいと心から思いました。

スタッフを含め、これからのメンバーへの重圧は大きいとは思いますが
無理のない程度に「命が続く限り歌い続けて」ください。

そして、次回また、沢山のファン(モッシュメイト)さんと奇跡の瞬間を体感したいと思います。

以上でBABYMETAL私的レポは終了DEATH

660_bm2 - コピー.jpg

<追伸>
この日の模様は3月にWOWOWで放送決定だそうDEATH!

http://www.wowow.co.jp/music/babymetal/

posted by Chu-ta at 07:28| 大阪 ☁| Comment(0) | BABYMETAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BABYMETAL LEGEND 2015 〜新春キツネ祭り〜 in SSA(さいたまスーパーアリーナ) 私的レポ その2

DSC_0548.JPG

前回書いたBABYMEALライブの続き

1/10
16:30

開場

遂にSSA(さいたまSU-パーアリーナ)へ入場
入って、やっぱり会場のデカさに圧巻!
僕の席は200レベルのスタンド最後尾だったけど、
全体が見えて見やすい
しかも席が端っこだったので、いい感じやん

DSC_0547.JPG

会場に入った瞬間に噂には聞いていたが
すげぇ爆音でメタルが流れてました。
これ、会場整備の人のトラメガ使っても大変だろうなぁ
SEのセトリは、こんな感じやったみたいです。

01.Metallica:Creeping Death
02.Megadeth:Hanger 18
03.Megadeth:Holly Wars
04.Amaranthe:Automatic
05.Iron Mainden: 2 Minutes To Midnight
06.Rage Against The Machine:Bulls On Parade
07.Arch Enemy:Nemesis
08.Dragon Force:Tomorrow’s Kings
09.Metallica:Master Of Puppets
10.Metallica:Battery
11.Pantera:Becoming
12.DragonForce:Symphony Of The Night
13.DragonForce:Through The Fire And Flames
14.Anthrax:Got The Time
15.Judas Priest:Painkiller
16.Anthrax:Among The Living
17.Pantera:Coyboys From Hell

※参考:BABYMETAL”新春キツネ祭り”SSA 場内SEセットリスト YouTube動画まとめ!
http://babymetal.me/743.html

絶妙ですな。

ほぼ一曲目から最後までJANと大盛り上がりでした。
特に「3」のアマランスは嬉しかったなぁ
デビュー時から気に入っていたので、こうして爆音で流れると興味を示してくれる
ファン(モッシュッシュメイト)もいるのではないかと思う。



次回は「5」のメイデンこそ全員でシンガロングしたいなぁ



今回グッズ販売のブースとは別にBABYMEALのCD/DVD販売のため
HMVのブースが出てたんやけど、次回は、SEのアーティストCDも販売/宣伝して
「メタルレジスタンス」の役割に一役かってもらいたいもんです。

18:15

開演

オンタイムの18:00で始まると思っていたけど15分押しました
収録カメラが入っていたり、バックステージでは色々あるんでしょう。
始まるまで、骨さんがアリーナーのブロック毎、スタンドのブロック毎に
BABYMEALのフラッグを持って煽りに来てくれました。

こういうファンを一秒でも飽きさせないようにするサービス精神って
サザンから続くアミューズの精神なんでしょうね。
その心意気とプロ精神に、始まる前からすごい感動しましたもうやだ〜(悲しい顔)

ありがとうね!骨さん!

客電が落ちて、生紙芝居が始まり本編開始!

DSC_0549.JPG

セットリストはこんな感じでした。

01:メギツネ
02:いいね!
03:新曲(SU-生誕祭)
04:紅月-アカツキ-
05:おねだり大作戦
06:Catch me if you can
07:ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト
08:4の歌
---:神バンドソロ 09:悪夢の輪舞曲
10:ヘドバンギャー!!
11:ギミチョコ!!
12:イジメ、ダメ、ゼッタイ

EN1:BABYMETAL DEATH
EN2:ド・キ・ド・キ☆モーニング
EN3:Road of Resistance

参考:BABYMETAL「LEGEND“2015”新春キツネ祭りSSAセトリ ワールドツアー2015&6月幕張ライブ」
http://babymetalmatome.com/archives/42233080.html

まぁ詳しいレポはこれから色んなサイトで出るやろうから
あくまで私的感想だけ書きます。(感情だけなので箇条書きで)

01:メギツネ
・うわぁ本物だぁ〜
・3人すげぇかわいい
・あれ?SU-さん(SU-METAL)緊張してる?

04:紅月-アカツキ-
・SU-さんすげぇ、マジで17歳かよ?!
・オーラー半端ねぇ!
・SU-さんイヤモニが気になってピッチが上手く取れないかぁ
・2番くらいにで涙腺崩壊。一人で行ってたら号泣してたな

05:おねだり大作戦
・あ〜今回は武道館と違って「かぶせ」(オケ+生声)かぁ残念
・と、思っていたが始まったら、あまりに可愛い、というか可愛過ぎる
・BABYMETALはSU-さん中心と思っていたが、YUIMOAの生で感じる破壊力に終始ニヤニヤ発動
・まわりのメイトさん達もおじさんを中心にニヤニヤ発動している姿に良い空気感だなぁ〜
・自分がYUIMOAのお父さんなら、何でも買います

08:4の歌
・やばい、さらにYUIMOAが好きになってしまった
・これが「萌えって」やつですかねぇ
・BABYMETALの「個性」とはYUIMOAにあるという事を痛感しました。

神バンドソロ 09:悪夢の輪舞曲
・ドラムの神の2バスいいなぁ〜バックバンドじゃなければYOSHIKI位のソロが聞きたい
・SU-さんそんなに上がって大丈夫!
・SU-さんのオーラーが半端ない!まさにキツネ様に選ばれし歌の神だな

10:ヘドバンギャー!!
・「あたま!あたま!あたま!」(間奏前のスクリーム)に爆笑!
・やっぱりこの曲こそBABYMETALの真骨頂だ!

EN2:ド・キ・ド・キ☆モーニング
・ん〜こうして現在のBABYMETALで聞くと違和感しかないなぁ
・完全なアイドル乗りに、アタフタする

EN3:Road of Resistance
・今後のBABYMETALのマストアンセムになるであろう
・演奏(神バンド)合わせづらそうだぁ〜上手くかみ合ってない
・シンガロングの所は、海外のメイトさんに完全に負けている
・やっぱ日本人にこの手のメタルシンガロングは無理かもなぁ〜(悔しい)
・とにかく歌詞も曲も最高に現在、そして未来のBABYMETALにピッタリ
・次のMステは絶対にこの曲(絶対にフルサイズ)



以上、私的レポでした。

もちろんMC無し、今回はほぼ紙芝居も無しだったので一瞬にして終演。

次回ライブについて終演後の紙芝居にて

2015年6月:幕張メッセ展示ホールにて開催決定!!
しかもMOSH'SH PIT ONLY!

終演後のグダグダについては次回に続く

<追伸>
この日の模様は3月にWOWOWで放送決定だそうDEATH!

http://www.wowow.co.jp/music/babymetal/
posted by Chu-ta at 05:38| 大阪 ☁| Comment(0) | BABYMETAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

BABYMETAL LEGEND 2015 〜新春キツネ祭り〜 in SSA(さいたまスーパーアリーナ) 私的レポ その1

DSC_0548.JPG

遂に見てしまった・・・!

2013年7月に発売された「ヘドバン」という本(雑誌)
その紙面を飾っていたのは「BABYMETAL」という見慣れない文字
立ち読みをしている内に興味が出てきてレジへそして家で熟読している内に
YOUTUBEで「BABYMETAL」を検索をして「ヘドバンギャー!!」のPVを観た瞬間



「なんじゃこりゃ!」とカルチャーショックを受けた

それから「ヘドバン」は2.3.4.5 別冊と紙面を重ね
知っている方も多い通りBABYMETALは今や世界も注目するアーティストに成長していきました。

そして遂に高校生以来のファンクラブに入ってしまい(米米以来)
2015年1月10日のさいたまスーパーアリーナ(SSA)のチケットをゲットしてしまいました。

ここからはあくまで私的なメタル好きなおっさんの一日です。

1/10(火)

3:30

起床

自然に目が覚める。遂にこの日が来てしまった
前日から、どうしよ、どうしよと思っていたが・・・
嫁さんに「遠足みたいね!」と言われる。

ちなみに小さい頃から遠足に一度たりとも興奮したこともないので
「違うわッ!」と心に中でTwitterをしていました。
今回はいつもの東京行きと違い突貫ツアー並みの日程なので
さっさと朝支度をして5時過ぎには出発

6:33

新大阪→東京 (新幹線)

先日発売された「LIVE AT BUDOKAN -RED NIGHT-」を聴きながら移動
LIVE AT BUDOKAN~RED NIGHT~(初回生産盤) - BABYMETAL
LIVE AT BUDOKAN~RED NIGHT~(初回生産盤) - BABYMETAL

お腹がすかない・・・持ってきたカロリーメイトを半分だけ食べる
夜には終わってしまうのが嫌で、途中で何度も「○○インフルエンザのため延期」とかに
なれへんかなぁ〜なんて子供みたいな事を考えてしまう

9:13

SSAへ移動

10時に始まるグッズ販売のため、一緒に行くJANと合流して移動

9:57

SSA到着

噂には聞いていたが、グッズ(物販)販売の列の凄さに唖然としながら
会場であるスーパーアリーナに到着して、その会場のデカさに
「この会場いっぱい(約2万人)BABYMETALのファン(モッシュッシュメイト)で埋め尽くすのか」
と、すでに胸がいっぱいになってしまう

DSC_0540.JPG

DSC_0541.JPG

14時前

Tシャツ欲しさに4時間あまり並ぶが、購入を決めていた第一希望のTシャツのSサイズが直前で売り切れ・・・
そもそも今回の物販には以下のルールにて販売されていた

・当日チケットを持っている方のみ
・購入は一人一回のみ
・各商品は一人一点のみ


上記ルールにも関わらず「S」だけ売り切れって・・・
どうせこの後、またオフィシャルサイトで売るんなら
「S」「M」「L」位2万枚づつ作っとけや!と運営側に心で思いながらも
第二希望だった「新春キツネ祭りTシャツ」(S)を無事購入。

転売目的ではないため自分が着る以外のグッズには興味はないから
そのTシャツだけ購入しました。

ちなみ、最初に売り切れたプレミアムTシャツは並んでいる最中に
すでにヤフオクに出ている状態でした・・・

14時過ぎ

宿泊先である「パレスホテル大宮」へ移動
早速購入したTシャツへ着替えて、準備は万端!
もっと「派手で普段着れないかも?」と思っていたTシャツでしたが
実際に来てみたら、自分のライブでも切れる感じのかっこよさでした。
とりあえず、思ったより時間を食ってしまったので軽めの昼食へ

14:30

大宮のファーストキッチンにてJANと最近の東京のバンドシーンやら
ベビメタやメタルの話で雑談。
JANにとって人生初の「メタルLive」との事
まぁ〜自分も初のBABYMETALなので、外タレのメタルライブと比べれるのかは不明だが
面白い事には変わりなければそれで良い。

15:30

16:30の開場のため、SSAへ移動。
今回はスタンド席(MOSH’SH SEAT)のため指定されたAゲートへ
時間があったので、ブラブラ、お客さんを観察。

本当に幅広い客層
オールスタンディングのアリーナー(MOSH’SH SEAT)のメイトさん
「いつでもヤッチャルばい!」と首にタオルを巻いた暴れん坊がやっぱり多い
年齢層もやっぱり若目ですなぁ〜自分も25までならコッチ行ってたな・・・

スタンド席はというと、「俺メタル歴○○年のメタラーです」的な
同世代もしくは年上のオッチャンが多い。この振り幅の広さは
今日本ではBABYMETALだからこそ成せるワザだと思う。

メンバーのコスプレイヤーのみなさんもたくさんいましたが
やっぱり、家族連れで来ているチビっ娘のコスプレ(だいたいはYUIMOA)の
破壊力は半端なかった・・・

かわい過ぎたが、写真を撮っていいものなのか何だかお父さん、お母さんに
「娘さんの写真撮らせてください」「ブログあげて良いっすか?」と聞いていいものなのか
初体験だけにわからず、なんとなくあきらめる・・・(次回は聞いてみよ)

16:30

SSA開場。
・・・・時は来た!さぁ〜2015年のメタルレジスタンスの狼煙をあげろ

DSC_0545.JPG

続きは次回に書きます。
posted by Chu-ta at 23:25| 大阪 ☀| Comment(0) | BABYMETAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

歌を紡ぐとき

今年もあと1日で終わる。

約2年ぶりに重い腰をあげて現場に戻った

また歌が歌いたくなった

歌を紡いでみたくなった

2年ぶりにホームである音太小屋に顔を出す

オーナーである哲さんが嬉しそうな顔をして
出迎えてくれた。

人前で歌を唄うのは2年ぶり
心を込めて、言葉を飛ばす

この2年音楽から離れることはなかったけど
こうして音太小屋で歌うと本当に歌ってえぇなぁ〜
って思え。

音楽に心から身を寄せた時
音楽は心から身を寄せてきてくれる

お客さんと自分とが繋がった瞬間
そこにしか見えない景色が2年ぶりに見えてくる

「そうやな。そうやってんな!」

誰にわかるはずのない言葉が
胸に飛び出してきたとき

自分はやっぱり「歌うたい」なんやと心底感じた

2015年が始まる

なんやか解らんけど、すでに良い1年になる気がする

東京から大阪に戻ってきたとき
そして音太小屋に出会い歌を思い出したとき

僕は「Road to SONGS」という曲に思いを込めた

振るい立たせれる情熱も
こぼれ落ちそうな希望さえ
ふくめて今日から君の旅がまた始まる

消えてしまいそうなあの日々も
歌を忘れてたあの日さえ
ふくめて今日から僕の旅がまた始まる


みんなもいろんな思いがあって日々を過ごしていると思う

でも、忘れないでほしい
どんなに立ち止まっても、いつでも自分の旅はリスタートできるって事をね。

来年も良い1年にしよう。

また、みんなで会えるのが今から楽しみだ。

Chu-ta



posted by Chu-ta at 17:41| 大阪 ☀| Comment(0) | LIVE/STUDIO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

東京滞在記 day3

2日目にして、新しい相棒「レスポール」を手に入れたので
これで、とりあえずの目的は達成しましたぁ手(チョキ)

東京3日目は、またまたJANと一日、ボクの大好きな
BOOK OFFめぐり」をしましたぁ〜決定

いつもはミナミのBOOK OFF4店舗位しか大阪市内には
大型店舗がないけれど

東京も奥まで行くと、まぁ〜大型店舗があるわ、あるわ

でも、探していた本は結局見つからなかった・・・ふらふら

しかし小さい頃から、ずっとだけど
本当に「本屋」にいるだけでいつでもワクワクするなぁ

特に「BOOK OFF」は大好き!

「あん時に買っておけばよかったぁ〜」なんて涙した本が激安で
購入できるんだから、それに廃盤になったCDも沢山あるし、これまた激安だし
本当に僕にとって「BOOK OFF」は永遠の宝の島(パラダイス)なんです。

で、ついでに何軒か回った「HARD OFF」でこんなものを買いました!

121123_083910.JPG

「VOX amPlug Classic Rock」

ギターに直接挿してイヤホンで鳴らせる練習用のアンプでするんるん

レスポールを買ったは良いが、ホテルの部屋で生音ではやっぱり寂しいので
是非、欲しいと思って購入しました。

この「Classic Rock」はマーシャルアップをモデリングしたヤツらしく
非常に「マーシャルっぽい感じ」のトーンを得ることができます。

音も考えているより全然「使える音」でレコーディングや深夜の練習で
今も使っているほどです!日本の住宅事情で爆音でエレキを鳴らせない人には
おすすめでっせぇわーい(嬉しい顔)

夜は、またまた富士そばに行って、当時東京で住んでいた時に食べていた
「かつカレー丼」をいただきました。

121122_204853.JPG

久しぶりに食べた味は「こんなんだったぁ*2」って感じです・・・

posted by Chu-ta at 12:34| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

東京滞在記 day2

一日目のスタジオを終えて
ホテルに戻るが、アドレナリンが出まくったのか
ナカナカ寝れなかった・・・・もうやだ〜(悲しい顔)

もしくは「枕」が違うから寝れなかったのかもしれない
意外に「神経質」な自分に気づくのも旅の良さってもんですふらふら

ちなみに当時SOULtoneのスタジオで使っていたアンプは
「JC-120」だったけど、マーシャルのアンプを使ってみて
改めて「良いアンプだなぁ」と痛感しましたパンチ

家のアンプシュミでも基本的に「マーシャル」を使うことが多いけど
本当に「レスポール」+「マーシャル」って最強の組み合わせだと思ったexclamation

突き抜けるクリーンから、爆音の歪みまで、ヴォーリューム操作にも
本当によく反応してくれたなぁ〜でも、あんなデカイアンプいらないけど(笑)

2日目は、本格的にレスポール探しのため、
日本一の楽器街「御茶ノ水」へJANと移動

121121_124802.JPG

しかし、本当に楽器屋しかない位楽器屋しかない街である
こんな所、日本中探してもまず、成り立たないだろうなぁ・・・わーい(嬉しい顔)

中古の本数も半端ない位あったけど、
いけども、いけども、弾きたい「顔」を持った「レスポール」が無い・・・がく〜(落胆した顔)

そして、考えた、昨日であったレスポールの事

最初に弾こうと思ったレスポールでは無く、「ついで」に弾いたレスポール
なんか妙な「運命」を感じたんです。

値段も予算内だし、いつまでも御茶ノ水にいるわけには行かない
そう、思ったボクは再度「吉祥寺Rock inn」へ移動。

もう一度、昨日弾いたレスポールを試奏さしてもらい
フレットのスリ合わせは大丈夫か、ネックの状態はどうかなど
今度は、ゆっくりと確認をした後

「これ!ください!」

遂に出会ってしまった新しい相棒

121123_095121.JPG

「Gibson Les Paul Standard」

S/N 91638606から計算して

121121_165828.JPG

「1998年製」です。

重量は一日目に書いてあった通り

「4.75Kg」

121121_165844.JPG

はっきり言って重いですふらふら
レスポールって3.1〜5Kg位が平均らしいので
かなり重い部類に入ります。

しかし、このレスポールは本当に自分が思うレスポールのトーンを鳴らし
ヴォリュームとトーン操作で、無限の音色を奏でてくれます黒ハート

その日は、早めに切り上げて、ホテルで早速ストラップをかけて弾いたり
(もちろん生音だけど・・・)写真撮りまくったりしました。

その日の夕食は、東京住んでいた時によく行っていた「ねぎし」
「牛タン」を食べに行ってきました。

121121_175931.JPG

大阪に「ねぎし」ないのは何故だぁ・・・・exclamation&question

その日は、昨日の疲れからかグッスリ寝ました眠い(睡眠)

つづく
posted by Chu-ta at 17:13| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

東京滞在記 day1 A

で、ドラムのzazaと合流してスタジオの時間まで
お茶をして、いざ「吉祥日Mikellz」へ移動るんるん

当日まだレスポールを買っていないだろうと予想していたので
JANの「Greco製レスポール・タイプ」
zazaの「Gibson Les Paul」を借りて、久しぶりにSOULtoneで
セッションしましたわーい(嬉しい顔)

2本のレスポールは、それぞれ重量もズッシリしていたけど
同じセッショングのマーシャルで鳴らすと、音はまったく違ってました

JANのグレコは、やっぱり「レスポール風」な音で
ROCKには適しているちょっとモダンな感じで、ヴォリュームの効きも
ハッキリしているので基本「フルテン」状態でナンボって感じ

zazaのレスポールは、これまたさっき弾いたLes Paulとも違う感じ
ピックアップが、リア・フロント共に「ダンカン製」に変えているのも
影響しているかもしれないけれど、若干モダンな感じ。

僕はSOULtone時代から「ギター弾きながら歌う」ので
足元でエフェクターの操作なんてできないので、基本ギター側の
「ヴォリューム」と「トーン」でギターを弾きます。

Vo「1〜3位」が「クリーン」のカッティング
「4〜6位」が「クランチ」
「7〜8位」が「ドライブ」
「10」が「ソロ・トーン」で使います。

後はピックアップを「リア」「ミックス」「フロント」と
それぞれの「トーン」を歌いながらいじるわけです。

で、やっぱりzazaのGibosonの方が断然扱いやすかったので
ほとんどの時間をGibosonとマーシャルでやりました。

約7年のブランクを感じさせない、SOULtone特有の「グルーヴ」が
スタジオを包み込み、最初の一発音出しただけで「うぁ〜SOULtoneやん!」って
笑いそうになりました黒ハート

約3年弱このメンバーでやっていたわけですが、
集客にも恵まれず、鳴かず飛ばずのバンドだったけど
本当に良いバンド、良いメンバーだと胸を張って言える最高の2時間でしたわーい(嬉しい顔)

また、ちょくちょくやりたいと心の中で思った良い時間でした手(チョキ)

写真を撮るのも忘れるくらい、一瞬で2時間のスタジオは終了パンチ

SOULtoneって当時から毎週4時間、打ち合わせとかせずにひたすら全力で演奏するバンドだったので
疲労感は、ものすごいけど、時間が一瞬で終わってしまうのねもうやだ〜(悲しい顔)

なので、2時間なんて体感だと20分位に感じました。

その代りソロの時より10倍位疲れたけどね・・・・・

2日目は、またレスポール探しの旅に出かけました。

つづく・・・
posted by Chu-ta at 11:49| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。